競輪:ニュース競輪

2019.4.19 04:56

【19日川崎11R】志佐明、地元の先輩を連れて魅せる

 志佐明が一次予選(第2R)で逃げを打ち、首位発進を決めた。人気の河端を沈めて白戸との地元ワンツーに、「初の連係でしたけど、白戸さんとはいつも一緒に練習しているので」と破顔一笑だ。シリーズのトップバッターとしても面目を施し、「桜花賞を走るのは初めてなので緊張しました。結果を出せて良かった」と胸をなでおろした。これでホームバンクにおける3年間の成績を【3・2・2・4】とし、3連対率は6割超。大きな自信を胸に、二次予選A(第11R)では同県の松坂英を引き連れて果敢に風を斬る。(川崎)