競輪:ニュース競輪

2019.4.18 04:54

【18日川崎4R】『お宝探し』~西田雅志

 第4Rの一次予選は3人ずつのきれいな3分戦。杉森輝大に関東ラインで志村太賀-吉田勇人が付け、南関ラインは加賀山淳に松坂英司-平田徹。そして工藤友彦には中四国ラインで西田雅志-原誠宏が続く。

 点数的には杉森-志村の関東勢がややリードしているが、脚力的には僅かの差。展開ひとつでどのラインにもチャンスがある波乱含みの一戦だ。

 穴で狙ってみたいのは西田だ。近況は3月の小田原、立川と続けて初日の予選を制し、続く前回の防府では予選は3着に終わったものの、最終日の特選を快勝しているように差し脚は好調だ。ここは目標の工藤が小倉、防府と続けて優出を果たすなど調子を上げていることも西田にとっては好都合で、その工藤が杉森や加賀山を相手に積極的に主導権を取る展開になれば、西田が番手で恵まれるケースも十分に考えられる。当所では特に目立った戦歴こそないが、前回(昨年10月)は43(6)着と無難に優出を果たしており、悪いイメージはないはずだ。

 車券は西田からの3連単。工藤との(5)⇔(2)から3着は総流し。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。