競輪:ニュース競輪

2019.4.15 20:14

『GIII桜花賞・海老澤清杯』PRで関係者が来社

川崎競輪開設70周年記念『桜花賞・海老澤清杯』をPRする対馬太陽選手とキャンペーンガール

川崎競輪開設70周年記念『桜花賞・海老澤清杯』をPRする対馬太陽選手とキャンペーンガール【拡大】

 18日から21日までの4日間、川崎競輪場で開催される開設70周年記念『GIII桜花賞・海老澤清杯』のPRのため、KAWASAKIレディーの佐東詩織さん、KAWASAKIハニーの福田綾子さんら関係者が15日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

 3年連続でナイター開催となる今年は、平原康多(埼玉)、武田豊樹(茨城)、村上義弘(京都)、三谷竜生(奈良)という4人のS級S班レーサーや、8カ月ぶりに復帰する深谷知広(愛知)、さらには一昨年に続いて地元記念Vを目指す郡司浩平、好調な和田真久留ら地元勢が熱戦を繰り広げる。

 日本競輪選手会神奈川支部の対馬太陽支部長は「3連覇がかかる地元勢にご声援をお願いします。選手会でもブースを出しています」とアピール。川崎市経済労働局の鈴木正紀公営事業部長も「キャラクターショーやレジェンドトークなどさまざまなイベントで盛り上げていきます。売り上げ目標は40億円です」と力強く語った。