競輪:ニュース競輪

2019.3.15 09:04

【15日防府12R】本紙の見解&選手コメント

小川真太郎

小川真太郎【拡大】

 戦歴が安定してきた小川を本命に推す。昨年の中盤戦は勝てない時期があったが年頭の平塚で4連勝、和歌山記念と高松記念では決勝進出。全日本選抜は勝ち上がりに失敗したが、2勝を挙げるなどデキは確実に上向いている。破壊力抜群のカマシ、まくりで後続を封じ込む。番手は地元の桑原。さばきは安定している上に、奈良記念は伸びもよかった。小川が早めの仕掛けなら逆転もある。南関ラインが強力。自力主体に何でもできる桐山は前、前勝負で善戦必至。さらに連係する和田健の決め脚も威力がある。山本の一発警戒。

 〔1〕和田健「奈良は落車後でよくなかったけど、状態は上向き。今は松戸で練習しているから、33バンクの方がいいかも。桐山君」
 〔2〕桑原「宮本隼輔や清水裕友と練習すると刺激が強すぎて、自信が崩壊する(苦笑)。やれることはやってきた。小川君へ」
 〔3〕山本「流れのなかで柔軟に対応して、成績は安定しているのかな。33バンクは基本的に好き。自力」
 〔4〕竹内智「疲れをとる感じでやってきた。防府は前回優勝してます。南関へ」
 〔5〕小川「仕上げてきたけど、今回は新車で一回も乗っていない。早めに踏んで感触をつかみたい。自力」
 〔6〕南「練習は順調。山本君へ。相性は悪くない」
 〔7〕桐山「前で自力自在」
 〔8〕牛山「ケアして状態は上向き。防府はS級初優勝のバンク。位置は決めず」
 〔9〕島田「もう腰は大丈夫。練習はバッチリで状態もいいです。中四国へ」