競輪:ニュース競輪

2019.2.11 16:53

【全日本選抜】大塚健一郎が地元GI最終日1着締め

大塚健一郎

大塚健一郎【拡大】

 8~11日の日程で、別府で初めて開催されたGI『第34回 全日本選抜競輪』。地元の大塚健一郎が、最終日第7Rでシリーズ初勝利を挙げた。

 先行した竹内雄作の3番手から踏み上げた古性優作の番手から外を伸びて勝ち切ると、ゴール後は大勢のファンの方を向いて右手を突き上げた。

 引き揚げてきた大塚は、「地元でGIが開催されると決まってからは、選考期間からプレッシャーがありました。古性君を信頼していたし、最後はファンの声援の一押しのおかげですね。ようやく期待に応えられて良かったです」と喜びをかみしめた。

 「番手にこだわり続けて迷惑をかけた時期もあったけど、でも日本一のマーク屋を目指してやってきたことなので。もちろんこれからも自分は変わりません。とりあえずゆっくり休んで、また頑張ります」

 次回は21日からの佐世保(FI)の予定で、健闘を誓った大塚の走りから目が離せない。