【全日本選抜】中川が2度目のGI制覇!GP一番乗り

2019.2.11 16:54

 別府競輪の『GI第34回全日本選抜』(優勝賞金2990万円)は12日、第12Rで決勝戦が行われ、中川誠一郎(39)=熊本・85期=が大会初優勝を飾るとともに、一番乗りで年末のグランプリ出場権を獲得した。GIは2016年の日本選手権に次いで2度目の優勝。

 レースは、赤板過ぎで主導権を握った東日本3車ラインのさらに外から単騎でまくり先頭に躍り出た中川誠一郎が、1周半のロングスパートを決めて1着ゴール。中川の直後を追走した東日本ラインの3番手から間を割って伸びた佐藤慎太郎(福島)が2着、東日本ラインの先頭を切った吉澤純平(茨城)が3着に粘り込んだ。

閉じる