【11日和歌山12R】本紙の見解&選手コメント

2019.1.11 09:00

 昨年の三谷は日本選手権連覇を達成。高松宮記念杯も制してGI連続V。年末のGPも初制覇し充実した一年を過ごした。粘り強い自力勝負を基本にさばきもできるのが強みだ。ここも自力基本に前、前へ攻めて結果を出す。番手は村上。近況はややリズムが悪いが決め脚の威力は健在。三谷が早めの仕掛けなら逆転十分。地元の椎木尾が3番手を固める布陣は強力だ。

 スピードは中川が一番。調子が上向いてきた小川真の仕掛けに乗って強襲も十分。新山が先行一本の攻めで調子を上げてきた。金子貴との一戦も警戒したい。

 〔1〕三谷「今年は責任のある車番を背負うけど、やることをやって頑張るとしかいえない。自力で」
 〔2〕武田「現状の力を把握しながら走りたい。自分で自力で動いて、いろいろとつかめればいいですね」
 〔3〕中川「最近は実感はないけど脚は出てますね。迷うことなく小川君へ」
 〔4〕和田健「休まず練習してきた。今年は自分でやっていくつもりなので、自分で何かしたい」
 〔5〕椎木尾「練習の感触は悪くない。今年は地元記念で最後まで頑張りたいですね。近畿3番手で」
 〔6〕小川真「自力で」
 〔7〕村上「GP前も体調はよかった。腰もケアしたので問題ないです。三谷君」
 〔8〕金子貴「体調だけ気を付けて調整したけど、変わらずいいと思う。新山君」
 〔9〕新山「前回は着も含めて納得がいかなかった。疲れもあったし、練習不足ですね。自力で」

閉じる