競輪:ニュース競輪

2019.1.8 16:42

開設69周年記念『和歌山グランプリ』をPR

1月11日に和歌山競輪場で開幕する「開設69周年記念 和歌山グランプリ(GIII)」をPRするフリーアナウンサーの山口みのり

1月11日に和歌山競輪場で開幕する「開設69周年記念 和歌山グランプリ(GIII)」をPRするフリーアナウンサーの山口みのり【拡大】

 11日から14日までの4日間、和歌山競輪場で開催される開設69周年記念『和歌山グランプリ』(GIII)のPRのため、フリーアナウンサーの山口みのりさんと関係者が8日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

 昨年の「KEIRINグランプリ2018」で頂点に立った三谷竜生をはじめ、村上博幸、武田豊樹のS級S班3人が参戦。地元からは連覇に燃える東口善朋を筆頭に、「ヤンググランプリ2018」で準優勝した南潤、椎木尾拓哉、稲毛健太らが出場し、大会を盛り上げる。

 山口さんは「年末のGPを制した三谷さんの走りに注目したいし、地元勢にも頑張ってほしいと思います」と近畿地区の選手に熱いエールを送った。

 和歌山県公営競技事務所の松下裕和次長は「さまざまなイベントを用意して、ファンの皆さまのご来場をお待ちしております。売り上げ目標は54億円です」と語った。