競輪:ニュース競輪

2018.12.10 09:01

【10日川崎10R】本紙の見解&選手コメント

柴田功一郎

柴田功一郎【拡大】

 《準決勝》南関の4番手を回った特選は前から離れて8着に沈んだ地元の柴田だが、ここは望月の先行を足場に必勝の構え。前回の武雄準決勝では高橋秀の強襲で柴田2着、望月3着に終わっているが、今度こそしっかりワンツーを決めよう。

柴田から望月の逃げ残りで車連単〔1〕〔5〕を本線に、内田、渋谷への〔1〕〔3〕、〔1〕〔4〕。井上の抵抗でもつれたときは内田のまくりが怖く、高峰との〔3〕〔7〕に警戒。

◆柴田「望月君を目標に」
◆井上「いつも通り自力」
◆内田「流れ見て自力で」
◆渋谷「南関の3番手で」
◆望月「先行基本で戦う」
◆佐藤「北日本の3番手」
◆高峰「内田君マークで」
◆関根「井上さん目標で」
◆朝秀「関東の3番手で」