競輪:ニュース競輪

2018.12.10 04:45

【10日川崎10R】主導権奪取に意欲的な望月一成

望月一成

望月一成【拡大】

 竹内優也と山崎寛巳の踏み合いをまくって予選第9Rを制した望月一成(静岡)だが、「バンクが重いと聞いて不安になってしまい、短い距離しか踏めなかった。3番手を回ってくれた渡辺聖さんに迷惑を掛けてしまった」と、レース内容には不満の様子。きょうの準決勝(第10R)も柴田功一郎-渋谷錬の地元勢がマークするが、「今度はしっかり長い距離を踏みます。気持ちで力を出し切って決勝に乗れるように」と、主導権奪取に意欲的だった。(川崎)