競輪:ニュース競輪

2018.12.7 09:01

【7日西武園10R】本紙の見解&選手コメント

《10R・準決勝》初日の予選で7番手からのまくりを決めて人気に応えた新鋭・藤根のパワーが上位だ。金山、野崎とで3分戦になるここは安部-鈴木の地元勢が藤根マーク。前回の高知準決勝では滝本泰行に飛び付いて抜け出した藤根を安部が追い込んでいるが、今度は400バンクだけに押し切れるはずだ。

藤根から安部への車連単〔1〕〔9〕を勝負目に、押さえは別線の番手を回る川木、守谷への〔1〕〔3〕、〔1〕〔2〕まで。

◆藤根「いつも通り自力」
◆守谷「同県の野崎君へ」
◆川木「金山さん目標で」
◆金川「位置は決めずに」
◆金山「自分で何かする」
◆吉川「近畿の3番手で」
◆鈴木「安部君の後ろで」
◆野崎「自力で勝負する」
◆安部「藤根君に付ける」