競輪:ニュース競輪

2018.11.9 18:54

石井寛子が6場所連続V 9日青森

6場所連続優勝を飾った石井寛子

6場所連続優勝を飾った石井寛子【拡大】

 青森競輪のガールズ決勝は最終日の9日、第10Rで行われ、石井寛子(32)=東京・104期=が主導権を奪った加藤恵の2番手から抜け出し、6場所連続Vを飾った。次回は11月20~22日の日程で小倉で行われる『ガールズグランプリ2018トライアルレース』のグループBに出場する予定。

 レースは、加藤、石井、鈴木奈央、中川諒子、山本奈知、中村由香里、寺井えりかの並びで周回を重ねる。打鐘で中川が上昇するが、すかさず仕掛けた寺井を加藤が突っ張ると中川は石井後位へ。鈴木が最終BS4番手からまくり上げるが、直線で抜け出した石井が踏み勝つ。

 ◆石井寛子「7番車だったので、まずはスタートに集中しました。道中であまり脚を使わずにすんだので余裕はあったけど、鈴木さんが思ったよりも伸びてきたのでちょっと焦りました。(東スタンド解体工事のため)京王閣がしばらく使えず、今までと違う状況でトライアルレースを迎えるのは試練ですね。でも、それでも結果を残せるように頑張りたいと思います」