競輪:ニュース競輪

2018.6.14 09:01

【14日岸和田12R】本紙の見解&選手コメント

浅井康太

浅井康太【拡大】

 近畿が二手に分かれ、中部と3分戦となった。混戦ムードだが、GP王者の浅井を本命に推す。前を任せる深谷はダービーで落車したが、中間は競技にも参加していて状態は問題なさそう。調子を確かめる意味でも果敢に飛ばせば、決め脚を発揮して吉田敏まで。

 地元地区の近畿勢も闘志を燃やす。特に三谷竜は脇本マークからダービー連覇を果たしたばかり。脇本の仕上がりに狂いがなければ番手有利に逆転も五分だ。京都トリオも息の合った連係プレーで見せ場を作る。稲垣の渾身の仕掛けに乗って、村上義の突入に警戒。

 〔1〕浅井「ここに向けて、しっかりトレーニングはしてきた。状態はいつも通りだと思う。深谷君へ」
 〔2〕村上義「疲れがたまっていたけど普通に練習はできた。地元地区のGIでしっかり頑張りたい気持ちが強い。稲垣君へ」
 〔3〕三谷竜「調子はずっといい。その状態のまま練習もできている。脇本君の後ろで、しっかり自分のレースをしたい」
 〔4〕吉田敏「久々に配分があいてしっかり練習できた。変わらず状態はいい。浅井君と話をして、自分が深谷-浅井の3番手で」
 〔5〕脇本「競技中心の日程のなかで難しさはある。でも、去年は出られなかった大会なので、今年は結果を出したい。自力で」
 〔6〕稲垣「練習とケアでいい準備はできた。筋肉量を増加しうまく体重も増やせた。脇本君と別線で走りづらさはあるけど自力で」
 〔7〕深谷「遠征先では自己ベストも更新して意外と体の調子はよかった。脚力的には問題ない。自力」
 〔8〕村上博「ナイター明けで疲れもあったので調整は軽めに。京都の3番手」
 〔9〕桑原「青森では車券に貢献できる状態ではなかったけど、その時よりはよくなっている。三谷君へ」