競輪:ニュース競輪

2018.6.14 04:56

【14日岸和田11R】レーサートーク~諸橋愛

諸橋愛

諸橋愛【拡大】

 --前場所からここまでの16日間は

 「体調を崩しまして…調子が戻らなかったら欠場しようかと思った。風邪をひいて扁桃腺が腫れたりもありまして。治ってから1週間、やれることをやってここに来ました」

 --仕上がりは

 「いいときに比べたら3割程度ですね。その前の段階で6割程度で走っていましたから。ここでどこまでやれるかを練習で確認して。戦えるめどが立ったので。それでも最近にない精神状態で臨むことになります。流れが変わるといいんですけどね」

 --上半期を振り返って

 「ずっとマイナスの状態でしたけど、めげずに戦ってきました。去年が飛躍の年だったので、そのうちツケが回ってくるだろうとは思っていましたけど。それをしのがないと」

 --位置取りは

 「関東の4番手で。木暮に主張されてもかまわない。どうせ競りだと思ってここに来ているから。譲る理由はないんだし。木暮がいようといまいと、オレは4番手になるわけで。木暮が(茨城勢と平原の)間に入るようならね、5番手は回れないから単騎でやるつもりでしたけど。もう腹を決めて来ているから」

 --突っ込みは可能か

 「ごまかしが利くレベルではないでしょう。このメンバーで4番手を回って自分が何着になるかは分かっていますから。2走目からが本当の勝負になる」