競輪:ニュース競輪

2018.3.4 18:20

ドリームシーカーがマウンテンバイクチーム部門を設立

DS会見写真(左から)鈴木雷太監督、新田祐大代表、北林力、山本幸平、松尾純

DS会見写真(左から)鈴木雷太監督、新田祐大代表、北林力、山本幸平、松尾純【拡大】

 競輪選手の新田祐大が代表を務めるドリームシーカーが4日、東京都内の自転車文化センターで会見を行った。自転車トラックプロチームとして活動する同チームに、国際自転車競技連合(UCI)登録のマウンテンバイク(MTB)チーム部門を新たに設立、ともに自転車競技を盛り上げる。

 代表の新田は「MTBは子どもたちの自転車の入門に最適で、自転車競技の普及につながる。東京五輪を一緒に目指す」と話すと、MTBチームの中心選手となる山本幸平は「東京五輪で金メダル獲得を目指し、同時に若手の育成をしていく」と熱く語った。