小田原競輪で3連単367万車券!史上5位の高配当

2018.2.23 17:32

 23日の小田原第10Rで、競輪の3連単史上5位となる367万7320円の大穴が飛び出した。断トツ人気の志佐明が6着に沈み、1位入線の川上真吾が失格となり、佐藤学-須々田大昇-相沢政宏が繰り上がった。〔4〕〔8〕〔2〕は4万9031票中の487番人気で、的中は1票だった。同競輪場では2011年1月12日に歴代2位の458万2050円の高配当が出ており、今回はそれに次ぐもの。なお、3連単の歴代トップは、2006年9月21日に奈良競輪場で出た476万700円(498番人気)。(小田原)

閉じる