石井寛子がガールズGP賞金の一部を被災地に寄付

2018.2.13 19:19

 昨年のガールズグランプリを制した石井寛子(32)=東京・104期=が、同レースで獲得した賞金のうち300万円を東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市、岩手県震災孤児、熊本地震で被害を受けた熊本競輪場に寄付した。

 石井は昨年8月、いわき平で開催されたガールズケイリンコレクション「アルテミス賞」の優勝賞金45万円を、同市に義援金として全額寄付。グランプリを勝てたら3県への寄付を考えていたそうで、「自然災害からの一日も早い復興、復旧を願っています」としている。

 石井は今月10~12日の西武園(F2)を3連勝で制し、別府(F2)、岐阜(F2)に続く完全優勝を達成している。

閉じる