競輪:ニュース競輪

2018.2.12 19:54

【全日本選抜競輪】新田がGI7勝目!GP出場権ゲット

全日本選抜競輪を制した新田祐大。優勝カップを揚げてガッツポーズ

全日本選抜競輪を制した新田祐大。優勝カップを揚げてガッツポーズ【拡大】

 四日市競輪の『GI第33回全日本選抜』(優勝賞金2990万円)は12日、第12Rで決勝戦が行われ、新田祐大(32)=福島・90期=が初優勝を飾るとともに、年末のグランプリ出場権を一番乗りで得た。GIは7勝目。

 レースは古性優作(大阪)を先頭に村上義弘、博幸兄弟(ともに京都)らの近畿勢が主導権を握った。古性が失速すると、2番手の村上義が最終バック手前から発進して先頭に。追走した弟の村上博は上位に迫ってきた平原康多(埼玉)らをブロックしたが、その外を単騎の新田が8番手から豪快にまくって快勝した。村上義が2着、村上博が3着に粘った。