競輪:ニュース競輪

2017.12.8 04:56

【8日伊東7R】山岸佳太、気を引き締め二次予選へ

 茨城の気鋭・山岸佳太が一次予選(第8R)を逃げ切りでクリアした。「行くべきところで行けたので」。赤板で始動して打鐘すぎに荻原を叩いて後続を振り切り、レース後は息を弾ませて勝負どころを振り返った。それでも「まだまだ(上位陣を相手に)通用しない」と浮かれることはない。8月に小田原でGIII初優勝を達成。33バンクは得意としているが、GI競輪祭(前場所)を〔9〕(8)(7)(8)着で終えて、力の差を痛感した。「最後に失速しているので修正して。また頑張ります」と健闘を誓い、気を引き締めて二次予選(第7R)に挑む。(伊東)