競輪:ニュース競輪

2017.11.13 09:02

【13日取手10R】本紙の見解&選手コメント

二藤元太

二藤元太【拡大】

 《10R・決勝》2走とも風を斬っていない佐々木が先行に意欲を示しており、番手の二藤にチャンスがふくらむ一戦。直線で抜け出して節目の通算100勝を優勝で飾る。須藤への車連単〔2〕〔7〕が主力車券。

◆斎藤「(近藤に対して)3番手に付いてもらえますか。相手が強いけど頑張ります。厳しいだろうけど」
◆二藤「(準決は)初日よりいい感じでした。状況判断はできています。佐々木君へ。優勝できるように」
◆金沢「踏めている。脚に引っ掛かりがあって重いけど、その重さがちょうどいい。力を出し切る競走を」
◆佐々木「金沢さんとは10月に川崎で対戦していますけど、斎藤正国さんとは初めて。自分の走りをして」
◆棟方「金沢はかかっていました。風が強くて重く感じたけど、金沢も重かったと思います。決勝も番手」
◆山崎「斎藤さんに付いていくことだけに集中しました。脚の感じはいいです。決勝もしっかりと付いて」
◆須藤「初日と同様にゲンちゃん(二藤)の後ろで。南関の3番手。佐々木君とラインを組むのは初めて」
◆小笠原「金沢は(脚が)回っていた。誰も飛びつけないほどのスピードでしたから。また3番手になる」
◆近藤「関東で。3番手になります。斎藤さんが優勝できるような展開になれば自分にもチャンスはある」