競輪:ニュース競輪

2016.9.16 04:55

【16日富山3R】脇本雄太、若武者の壁になる

 《輪音》脇本雄太はリオからの帰国初戦となった豊橋“エボ”で上がり10秒2の豪快まくりを決めて快勝。カーボンフレームということもあり“幻のバンクレコード”となったが、五輪戦士のスピードをまざまざと見せつけた。「今回は競輪だから別物のような感覚。重く感じますね」。初日3Rは飛ぶ鳥を落とす勢いの吉田拓との激突が焦点。世界と渡り合ってきた豪脚で、若武者の挑戦をはね返す。