競輪:ニュース競輪

2015.6.26 18:38

元日本競輪選手会理事長の鈴木孝幸氏が死去

 元日本競輪選手会理事長の鈴木孝幸(すずき・たかゆき)さんが25日、肺炎のため死去した。71歳だった。日本競輪選手会が26日、発表した。

 通夜は28日午後6時から、告別式は29日午前10時30分から、いずれも群馬県前橋市大友町1の1の5、メモリード前橋典礼会館で。喪主は長男、鈴木数成(かずなり)氏。

 選手時代は17期生(群馬県)として1963年にデビューし、240勝を挙げた。