競輪:ニュース競輪

2014.6.22 20:45

立川ガールズは奥井迪が逃げ切って完全V

立川ガールズケイリンで完全Vを果たした奥井迪

立川ガールズケイリンで完全Vを果たした奥井迪【拡大】

 立川ガールズケイリンの決勝戦は最終日の22日、第9Rで争われ、加瀬加奈子を突っ張った奥井迪(32)=東京・106期=が逃げ切り完全Vを飾った。次走は7月18日からの青森(FII)に出場する予定。

 レースは、奥井-小林莉子-浜田瞳-青木志都加-加瀬-三輪梓乃-高橋千秋の並びで周回を重ねる。打鐘過ぎに加瀬が仕掛けるが、奥井が突っ張り叩き合い。奥井が踏み勝ち、差し迫る小林を振り切りV。浜田が流れ込み3着。

 ◆奥井「スタートは取りたいと思っていたし、誰も行かなそうだったので前へ出ました。前に入れた時点で、突っ張ることを考えました。先行を貫いてきた加瀬さんは、自分の中では日本一強いと思っているし、その加瀬さんと力勝負して勝てたのは自信になりました。連日、ファンの方の声援のおかげで落ち着いて走ることができました。初めての地元戦で完全優勝できてうれしいです」

 ◆小林(2着)「前に1車入れたいと思っていたら、奥井さんが来たので入れました。絶好の展開になったけど、力んじゃいましたね。悔しいけど、またいっぱい練習して、今度は逆の立場で逃げ切れるように頑張りたいです」

 ◆浜田(3着)「結果は3着だったけど、何もできなかったです。前を取ったほうがよかったのかもしれないですね。力不足です。また練習して頑張ります」

 ◆加瀬(4着)「悔しいですね。次は取手でガールズケイリンコレクション(29日・第9R)があるので、それに向けて練習してきます」

 ◆三輪(5着)「後ろのほうで付きバテしてました。力不足ですね。また練習して頑張ります」

 ◆青木(6着)「久しぶりの決勝だったんですが、一般戦と全然ペースが違かったので、もっと練習しなきゃいけないなと思いました。でも最近は確定板にも乗れるようになってきたので、一時期よりはよくなっていると思います」

 ◆高橋(7着)「流れに乗れなかったです。人にスピードをもらってから踏む自分の得意パターンにならないとまだ厳しいので、もっと力を付けられるように練習します」

★大型馬柱&調教タイム&レース前談話を大公開!
 サンスポ予想王TVプレゼンツ「宝塚記念特集」