競輪:ニュース競輪

2014.2.14 21:04

武田、村上義らが謝罪「厳粛に受け止めます」

 競輪のトップ選手23人が日本競輪選手会からの脱退を表明し、その後、撤回した問題で、移籍騒ぎを起こしたメンバーのうち武田豊樹、長塚智広(ともに茨城)、村上義弘(京都)ら6人が14日、東京都板橋区の日本競輪選手会本部で記者会見し、一連の騒動を謝罪した。

 まずは武田が謝罪文を手に「混乱を招いて、ファン、関係各所、選手仲間の心情を傷つけて申し訳ありません」と頭を下げ、村上義は「競輪界を盛り上げたい一心だったが、反省しています」と神妙な面持ちで語った。

 今月下旬の綱紀審議委員会、3月の理事会を経て出場自粛勧告などの処分が決まる見込みだが、武田は「処分を厳粛に受け止めます」と話した。

★開催日当日の馬場状態の見極めもお任せ!
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」