中央競馬:予想予想家一覧 - 予想王TV@SANSPO.COM

板津雄志の顔写真

詳細

板津雄志

東京サンスポ記者

  • 調教・馬の個性
  • 中穴
  • 馬連・3連複

今週の予想

プロフィル

1979年7月23日生まれ、岐阜県出身。獅子座のO型は、池添謙一騎手とまったく同じ。だが、彼のように勝負強いかは不明。好きな馬はオルフェーヴル、スイープトウショウなど。

予想スタイル

まず、人気馬のアラさがしから始める。そして、それを負かせる馬を探し出す。紙面の▲は、◎と同じくらいの気持ちを込めて打っているので、注目してください。

宇恵英志の写真

詳細

宇恵英志

大阪サンスポ記者

  • 取材
  • 本命
  • 馬連

今週の予想

プロフィル

北海道、オーストラリアの牧場で働いた後、関西競馬エイトで短期間のアルバイトを経験。ほどなく、大阪サンケイスポーツレース部に配属され、現場記者として今に至る。趣味はパチンコ、パチスロ。

予想スタイル

基本は取材の感触に、自分なりの近走のレース評価を加味して予想する形。追い切りの動きや、レース展開のみを重視して印を打つこともある。

内海裕介の写真

詳細

内海裕介

東京サンスポ記者

★12年・年間王者

  • 調教
  • 本命
  • 馬連

今週の予想

プロフィル

1972年生まれ、北海道出身、A型、立命館大卒。美浦TCでは中野栄治調教師らへの夜の取材が活動の中心。池江泰寿調教師とは一緒にカレーうどんを食べる仲。2012年回収率ランキングで全記者中トップ(316%)に輝いた『初代予想王』。

予想スタイル

近走の内容プラス調教の良し悪し、そして取材で感じた陣営の〝押し出しの強弱〟を最終的な決め手に◎◯▲を決めていくスタイル。馬券は馬連が中心だが、3連単1着固定(◎)→相手3頭(○▲)へ流す6点買いを加える形にこだわる。

漆山貴禎の写真

詳細

漆山貴禎

東京サンスポ記者

  • データ
  • 中穴
  • 馬連・3連単

今週の予想

プロフィル

1981年生まれ、山形県出身、O型。東京大学文学部卒。一日のレースから、配当的な妙味も考慮して“最も買いたい”1鞍を厳選。美味しい馬券をお届けします!

予想スタイル

データ分析と関係者取材で得た情報をバランス良くミックスさせ、的中を目指す。〝2、3着には来るが、ほぼ勝たないであろう1番人気馬〟を探すのが3連単的中の近道と信じる。

片岡良典の写真

詳細

片岡良典

東京サンスポ記者

  • 直感 取材
  • 本命時々大穴
  • 単複・馬連

今週の予想

プロフィル

1968年生まれ、京都出身。3年間の牧場勤務を経て、94年3月から関東競馬エイトの想定班でデビューし、2001年5月から東京サンスポに移籍。現在は若手に「働け~」と檄(げき)を飛ばしながら自身も老体にムチ打つ? 目標は水戸万助先輩のように70歳まで現役記者!

予想スタイル

子供の頃から根っからの競馬オタク。これが案外武器になる。コテコテの関西弁で昭和の匂いを漂わせながら「どうなん? ええの? 勝負になるの?」とせっせと独自のスタイルで取材を重ねる浪漫人情派。勝ってほしい馬に◎が本音。馬券は単勝、複勝が基本であとは馬連を少々。

川端亮平の写真

詳細

川端亮平

大阪サンスポ記者

  • 取材
  • 中穴
  • 馬連・3連単

今週の予想

プロフィル

1983年大阪府生まれ。2005年大阪サンスポ運動部に配属され、プロ野球・阪神担当を計5年。サッカーW杯南アフリカ大会も取材。11年10月からレース部。

予想スタイル

本命サイドを疑ってかかり、近走の成績やデータと取材で得た情報を総合して配当的な妙味がありそうなところに◎を打つ。過去の実績よりも勢いを重視。耳寄り情報をゲットすれば思い切って狙っていく。

斉藤弘樹の写真

詳細

斉藤弘樹

大阪サンスポ記者

  • 近走・調教・馬場
  • 本命
  • 3連複・3連単

今週の予想

プロフィル

サンスポ運動部、整理部、エイト編集部、時計班、関西週刊Gallopを歴任。2017年4月から大阪サンスポレース部に所属。ギャンブルは競馬一本で、日々高配当を狙っている。

予想スタイル

近走内容はもちろん、調教、取材から好調馬を探し出す。馬券は3着以内に食い込みそうな人気薄からの3連単、3連複。ここぞという時は単勝で勝負する。

佐藤将美の写真

詳細

佐藤将美

大阪サンスポ編集

☆15年・第3S&16年・第4S優勝

  • 季節
  • 大穴
  • 点数絞る

今週の予想

プロフィル

1960年生まれ、高知県出身。1986年にデビューし、99年のJCウイークの馬券プレゼントで100万円近くをゲット“カリスマ”の称号を得た。

予想スタイル

栗東トレセンでは人気薄陣営をコソッと取材して、馬券につなげるのが基本パターン。不当に人気を落としている馬の発掘に生きがいを感じている。先輩から引きついだサンスポ競馬用語“そろそろのころ”“今度も”、“もう一丁”を今でも愛用中。

佐藤洋一郎の写真

詳細

佐藤洋一郎

東京サンスポ

  • 季節 馬場 展開
  • 3連単

今週の予想

プロフィル

生年月日不詳。1970年サンスポの「読者対抗予想コンテスト」に優勝、初代チャンピオンとなる。その後、競馬エイト発刊スタッフに加わり、その後サンスポに移籍。40数年、穴馬券ひとすじ。

予想スタイル

キ・バ・テン発想から季節成績、馬場、展開が基本スタイル。さらに競走馬の気性にも注目し、特殊馬具の装着も重要と考える。

サンスポデスクの写真

詳細

サンスポデスク

東京サンスポ

  • 全ファクター
  • 幅広く
  • 臨機応変

今週の予想

プロフィル

東京都出身。現場記者を10年以上務めたのも昔の話。現在は社内で出稿作業やツイッター更新などの業務に携わる。馬券はよく当たるけど、当たったぶんも突っ込んでよく負ける。3競オート何でも来い。趣味は旅打ち。

予想スタイル

現場から離れた今は、記者からの情報収集にいそしみ、自らデータを調べ、血統知識を加えて勝負。天気、展開も重視。要するにアンテナを全方位に張ります。

柴田章利の写真

詳細

柴田章利

東京サンスポ記者

  • 展開・取材
  • 本命~穴
  • 馬単

今週の予想

プロフィル

1972年生まれ、静岡県出身。週刊ギャロップ編集部を皮切りにサンスポとギャロップを行ったり来たり。本紙予想になったのをきっかけに頭髪が真っ白になったが、染めて若作りしていたのをやめただけ。

予想スタイル

本紙予想になったことで、できるだけ冷静に各馬の能力を判断するようになった。不利や展開なども加味して総合的に予想するスタイル。

下村静史の写真

詳細

下村静史

大阪サンスポ記者

☆17年・第2S優勝

  • 潜在能力
  • 当たれば何でも
  • 馬連・3連複

今週の予想

プロフィル

1969年生まれ。出身は東京都だが、1994年から携わった週刊ギャロップでは栗東トレセンへの出張が多く、関西の言葉に慣れるのに時間がかかった。プロ野球担当、大阪レース部デスクを経て東京レース部に戻り、意欲満々。

予想スタイル

「連軸」を決めることが基本で、穴馬が軸なら馬連総流し。3連複は人気薄もからめたフォーメーションで高配当を狙う。ただし、最終レースは一発逆転は狙わず、的中を基本とする。

鈴木康之の写真

詳細

鈴木康之

大阪サンスポ記者

  • 取材 前走 血統
  • 本命~穴
  • 馬単

今週の予想

プロフィル

年生まれ、東京都出身。週刊ギャロップ時代はディープインパクト、現在はオルフェーヴルの番記者。3冠馬を2回も担当する強運の持ち主。

予想スタイル

足で稼いだ情報を生かしつつ、過去のレースVTRをチェックして狙い馬を絞る。勝負レースは馬単を中心に、3連単で高配当も狙う。

田中直成の写真

詳細

田中直成

東京サンスポデスク

  • 人任せ
  • でも
  • 単勝・複勝

今週の予想

プロフィル

1970年9月17日生まれ、京都府出身。95年にサンスポ中央競馬記者。ギャロップ記者を経て11年9月、サンスポ中央競馬担当デスク。

予想スタイル

予想が下手な記者の本命は避ける。サンスポ馬柱のひとりヌケの馬から買う。早い話が人任せというやつです。

千葉智春の写真

詳細

千葉智春

東京サンスポ記者

  • データ 血統
  • 本命~中穴
  • 馬連・3連単

今週の予想

プロフィル

1984年生まれ、千葉県船橋市出身。幼い頃から中山競馬場の近くで過ごし、競馬と出合う。早大4年時の2008年から週刊ギャロップ編集部で勤務、16年より東京サンスポへ。酒とカラオケが好きで、休日は地元のスナックでまったり。

予想スタイル

データをもとに近走を精査し、定量戦は実績、ハンデ戦は血統を重視する。小銭で楽しみつつ、3連単でハイリターンが理想。「正射必中」は高校でたしなんだ弓道の用語で「正しい射法なら矢は必ず中る」ように、正しい予想なら馬券も当たる。

西島大和の写真

詳細

西島大和

元・東京サンスポ本紙予想

  • 過去成績
  • 本命党
  • 馬連・馬単

今週の予想

プロフィル

1944年11月18日、秋田県生まれ。64年のシンザン以来、50年以上ダービーを生観戦。04年まで東京サンスポの本紙予想を26年にわたり務めた。

予想スタイル

過去の成績をもとにオーソドックスなスタイルで予想を組み立てる。無理な穴狙いはしないが、相手もしっかり吟味して、手広く流して好配当を仕留めることも。

正木茂の写真

詳細

正木茂

大阪サンスポ記者

  • 前走内容
  • 馬連・3連複

今週の予想

プロフィル

競馬記者歴は約40年。以前に大阪サンスポの本紙予想を2度(9年間と5年間)に渡って担当。今は個人予想で奮闘中。

予想スタイル

若い頃は徹底した穴狙いで売っていたが、2度の本紙予想を経て本命レースと穴レースのメリハリをはっきりつけた予想を心掛けている。馬券は馬連、3連複が好み。

水戸正晴の写真

詳細

水戸正晴

東京サンスポ記者

  • 血統
  • 単勝・馬連

今週の予想

プロフィル

1948年生まれ、東京都出身。輝ける団塊の星。数々の大穴を当ててきたサンスポの看板記者。馬券以外にも伝説は数知れず。年齢を感じさせないフットワークの軽さと人脈の豊富さで精力的に取材する。

予想スタイル

予想の基本は血統で、母系を丹念に調べあげる。着順と着差のミスマッチも判断材料。レースにあった馬を探し出し、その中からトレセンでの取材を加味して予想を組み立てる。

山口大輝の写真

詳細

山口大輝

大阪サンスポ記者

  • 血統
  • 単複・馬連

今週の予想

プロフィル

1991年生まれ、兵庫県出身。ディープインパクトで競馬に出会い、メイショウサムソンでどっぷりはまる。いつしか血統のおもしろさに目覚め、予想にも反映させるように。レースで1頭の馬を追いかけられる単複馬券が好き。

予想スタイル

能力で劣っても、適性で勝る馬を探すのがモットー。血統で、馬キャラを探りながら、展開、馬場などを加えて本命馬を導き出す。