中央競馬:予想予想

2019.12.7 16:29

【デスクの競馬手帳】日曜阪神11R

{"attribute":[{"baitai":"01","racedate":"20191208","racecourse":"09","raceno":"11","style":"02"}],"yosouka":79}

画面左上に前5F、後5Fのレースラップを表示。自身の上がりタイム32秒8を見ると優秀さが理解できます

画面左上に前5F、後5Fのレースラップを表示。自身の上がりタイム32秒8を見ると優秀さが理解できます【拡大】

 唐突だが、今回は堂々と宣伝をさせていただく。弊社がリリースした新サービス、カスタマイズ馬柱「Deep」をお試しいただけただろうか。本稿はそもそも、マニアックな競馬の題材(と一部の内輪受けネタ)で構築されているので、基本的には“濃いめ”の競馬ファンにご愛読いただいているものと認識している。そうした方々にこそ、お試しいただきたい。

 競馬専門紙やスポーツ新聞の馬柱は、似たようなつくりに思えて意外に構成要素はバラバラなもの。そうしたもろもろの構成要素を好きなように取り入れて、馬柱をデザインできるというのは手前みそながら画期的なサービスだと思う(発案したのも開発したのも私ではないが…)。ただ、あらかじめご承知おきいただきたいことがひとつある。

 「使えば使うほど奥深さが分かる。とにかく動かして、並べて、調整して、また試して、を繰り返してほしい」

 ということだ。なかなか、この面白みは一度や二度では伝わらないかもしれない。ただ、テスト段階を経て実装のときを迎えたいま、心の底から実感していることだ。

 馬柱の構成を「馬情報」と「出走履歴」の2つに分割。添付した画像は「出走履歴」のもので、いわゆる馬柱の「コマ」にあたる部分と、その構成要素を示すカスタマイズ画面だ。あらかじめ用意されたもの(プリセット馬柱)よりも横幅を増やして、自分が気になる要素を入れ込んだ。いわば“デスクスペシャル”とでもいうべき馬柱だ。やや情報過多なのは確かだが、これだけの要素があれば満足できる。

 開発チームのツイッターアカウント(@sanspo_deep)担当者もつぶやいていたが、オススメは画面の大きなPCでカスタマイズ作業を行い、それをスマホやタブレットで利用すること。大画面でサクサクとカスタマイズをして、それを手軽に閲覧するのがベストと思う。今月17日までは無料公開サービスを実施中。カスタマイズした馬柱を保存するためには会員登録(無料で可能)が必要だが、ぜひサービス期間内に一度、お試しいただきたい。馬柱を好き放題にデザインできる楽しみを味わうと、やみつきになるはずだ。

 ちなみに馬柱のコマをタップ(クリック)すると、そのレースの成績画面に飛ぶ。他にも各馬の調教やコメントなども見放題。お世辞抜きの優れものなので、この無料期間のうちにその性能をご確認いただくことを心よりお願いしたい。

 【阪神11R・阪神JF】 「Deep」の「出走履歴」は添付画像のように、ラップにこだわったデザインもできる。阪神JFは前走でメンバー最速の上がりをマークした馬が好走するケースが多いが、◎③ウーマンズハートのデビュー2戦は秀逸だ。新馬戦のラスト3ハロンは32秒0、新潟2歳Sのそれは32秒8。「Deep」で確認できるレース自体のラップは、ともにラスト1ハロンが失速しているように見えるが、実際のところウーマンズハートは余力さえ感じる完勝だった。決め手の信頼度はこのメンバーに入っても最右翼といっていい。

 今週は香港国際競走が行われるため、短期免許で来日している外国人騎手など有力騎手の多くが不在。そんな中でウィリアム・ビュイック騎手がこの馬に騎乗するのは、本国と同様、馬主のゴドルフィンとの契約を優先したためだ。今回の来日におけるトップミッションだろう。右回りが未知数という部分はあるが、恐らくそうしたレベルの課題は鞍上の手腕も込みで軽々と克服するはずだ。馬券の本線は性能が魅力のリアアメリアより、タイムと安定感で上回るクラヴァシュドールを。

《3連単》ボックス
 ③⑩⑮(6点) 各800円

《3連単》2頭軸マルチ
 ③⑩→⑥⑨(12点) 各200円

《馬連》
 ③-⑩ 2800円

フォト

  • 「出走履歴」の構成要素はこんな感じ。ラップ重視に加え、1~3着馬もひと目で分かります
  • 横幅を広げて母系を3代目まで表示。血統好きゆえのカスタマイズです

サンスポデスク 東京サンスポ 

全ファクター

幅広く

臨機応変

プロフィル

東京都出身。現場記者を10年以上務めたのも昔の話。現在は社内で出稿作業やツイッター更新などの業務に携わる。馬券はよく当たるけど、当たったぶんも突っ込んでよく負ける。3競オート何でも来い。趣味は旅打ち。

予想スタイル

現場から離れた今は、記者からの情報収集にいそしみ、自らデータを調べ、血統知識を加えて勝負。天気、展開も重視。要するにアンテナを全方位に張ります。

同じレースの予想