中央競馬:予想予想

2019.11.9 19:29

【西島大和-券の達人!】日曜京都11R

{"attribute":[{"baitai":"01","racedate":"20191110","racecourse":"08","raceno":"11","style":"01"}],"yosouka":71}

 平地競走で同一重賞3連覇を成し遂げたのはGII、GIIIに限れば、ゴールドシップ、アルバート、タップダンスシチー、マツリダゴッホ、エリモハリアー、セカイオーの5頭がいるが、GIとなれば2連勝止まり。

 それでも3年連続連対ならメジロマックイーン(天皇賞・春、1991~93年①①②着)、デュランダル(スプリンターズS、2003~05年①②②着)、ダイワメジャー(マイルチャンピオンシップ、05~07年②①①着)、ワンダーアキュート(チャンピオンズC、11~13年②②②着)、ゴールドドリーム(フェブラリーS、17~19年①②②着)が名を連ねる。

 今回のエリザベス女王杯に出走する⑥クロコスミアは一昨年、昨年ともに2着に惜敗。今年は優勝、もしくは2着なら先輩たちに並び、牝馬として初の3連対記録をつくる。3度目の正直となるのか。

 【京都11R・エリザベス女王杯】 ◎は⑪ラヴズオンリーユー。5カ月半ぶりのハンデを感じさせない好仕上がり。オークスに続き無敗で女王の座を射止める。クロコスミアは牡馬と違い多少衰えが気になり入着まで。

 《馬単》 ⑪→⑧⑯⑥②③④⑤⑩。

西島大和(にしじま・ひろかず) 元・東京サンスポ本紙予想

過去成績

本命党

馬連・馬単

プロフィル

1944年11月18日、秋田県生まれ。64年のシンザン以来、50年以上ダービーを生観戦。04年まで東京サンスポの本紙予想を26年にわたり務めた。

予想スタイル

過去の成績をもとにオーソドックスなスタイルで予想を組み立てる。無理な穴狙いはしないが、相手もしっかり吟味して、手広く流して好配当を仕留めることも。

同じレースの予想