中央競馬:予想予想

2019.10.5 16:19

【居酒屋ブルース】日曜東京11R

{"attribute":[{"baitai":"02","racedate":"20191006","racecourse":"05","raceno":"11","style":"01"}],"yosouka":76}

 【東京11R・毎日王冠】

 中山競馬場でスプリンターズSが行われていたとき、東京・品川に向かっていた。縁あってグランドプリンスホテル新高輪の「飛天の間」で開かれる「稀勢の里引退荒磯襲名披露宴」に出席するためだ。

 しかし、その前にウェブ「サンスポZBAT!競馬」にアップするスプリンターズSの「みんなの反省会」の取材&執筆をしなくてはならない。午後4時半にはレースを中山競馬場で見ていた競馬エイトの沢田知希トラックマンに電話取材する必要がある。自宅でやっていたら6時の開宴に間に合わない。というわけで、無料の無線LANが飛んでいる、品川駅近くの喫茶店で取材&執筆&送信することにした。

 レース中は山手線の中だったから、パソコンを開けるとすぐに無線LANをつなげ、JRAのホームページでスプリンターズSを観戦。本命のモズスーパーフレアが期待通りけれん味のない逃げを披露している。心の中で「(松若)風馬頑張れ」と応援していたが、直線外から1番人気のタワーオブロンドンに差し切られてしまった。モズスーパーフレアは2着。2番人気のダノンスマッシュが、粘るミスターメロディをかわして3着に入った。馬券は◯◎△で3連複が的中。しかし喜んでいられない。1時間で電話取材&執筆&送信を済まさないと、余裕を持って会場に入れないのだ。必死こいて設定時間内に仕事を終えることができた。

 ところが、会計を済ませてホテルに向かっていると会社から電話が。「いま会社ですか?」「いえ、外出先です。何か?」「送っていただいた記事が、先週と同じセントライト記念なんですが…」。焦って誤送信したわけだ。ホテルでなんとか無線LANをつなげて書きたてほやほやの反省会を送り終え、「飛天の間」に入ったのは開宴5分前。ふう。間に合ってよかった。

 断髪式を終え、オールバック気味の七三分けの荒磯親方は格好良く、笑顔がすてきだった。親方は壇上で「平成14年春場所に初土俵。まず15歳で出会った先代の鳴戸親方からは力士としての美学、一生懸命相撲を取ること、決して逃げない、そして相手を敬う沈黙の美学を10年間、徹底的に指導されてきた。いろいろな方の応援があって横綱になることができました。皆さまに愛されるような力士を育て、皆さまに喜ばれるような大相撲になっていくことを少しでもサポートできるように頑張っていきたい」とスピーチ。司会者の「沈黙の美学を破った、素晴らしい挨拶でした」の一言に会場がわいた。

◇◇◇◇◇◇◇

 秋のGI開幕戦の当日は、そういうことがあったんだよ、琢磨。

 「スプリンターズSを的中させ、さらにひいきの稀勢の里のパーティーに出席だなんて素晴らしいですね」

 そうでもないんだよ。

 「なぜに?」

 先週の予想を見れば分かるよ。

 「どれどれ(とスマホをスクロールしながら)…◎⑦モズスーパーフレア、◯⑧タワーオブロンドン、▲⑨ディアンドル、△②ダノンスマッシュだから3連複は⑦-⑧-②④⑨⑬⑮⑯の6点で的中していますね。モズスーパーフレアの単勝900円は残念ながら外れていますが」

 3連複の金額を見てよ。

 「600円。1万円買って戻ってきたのは6420円。どこから見てもトリガミですね」

 1、3、2番人気での決着だからね。3着と4着が逆だったら61.2倍で大幅黒字だったんだよ。

 「というか、モズスーパーフレアの単勝ではなく、その900円を◎○の馬連にしておけば1万1340円になっていたので、3連複と合わせて7760円の黒字でした」

 確かにそうだけど、それでも先週のカズマサの誕生祝いに入れたモエ・エ・シャンドン代は回収できない。

 「GIで当ててもトリガミ。シャンパン代を回収するどころか負債が増えるなんて、いかにも居酒屋ブルースらしい結果ですね」

 笑いすぎだよ。

 「ところで、冒頭の写真は横綱稀勢の里の氷像ですか?」

 そうだよ。飛天の間に飾ってあったんだ。そういえば、乾杯用に円卓に置いてあったビールは、茨城県の木内酒造で醸造している「常陸野ネストビール」のラガーだったんだ。1823年創業の造り酒屋がビール製造に乗り出し、数々のビールコンペで入賞を果たしている有名なブルワーで、アメリカでも人気だそうだよ。茨城県は稀勢の里の故郷。郷土愛が伝わってきたね。

 「味はいかがでしたか?」

 ラガービールにしてはモルティーでホップの爽やかさにしっかりとした苦みもあっておいしかったよ。

 「レアなラベルのビールを飲めたので、今週の予想はもうかるかもしれませんよ」

 そうなるといいね。今週の順番は?

 「カズマサさん、もりやさん、私、居酒屋ブルース、桃の順です」

 カズマサはファンタジストで16着、もりやさんはディアンドルで13着、琢磨はイベリスで11着か。バイトの桃ちゃんがしっかり1着馬を当て、居酒屋ブルースは2着。両極端な結果だったんだね。

 「今週、巻き返しますよ」

 その意気でよろしく。カズマサはどの馬を本命にしたの?

 「毎日王冠は、ダービーでも本命にしたダノンキングリーに◎を打ちました。過去10年で、当日1番人気は半分の5頭が勝っています。東京1800メートルでは共同通信杯を抜群のレースぶりで勝った実績もあるので、人気に応えてほしいです」

 京都大賞典は?

 「エタリオウが本命です。ここは『最強の1勝馬』&『シルバーコレクター』卒業のときとみます。過去10年で勝率の一番高い4歳馬で、春の天皇賞で敗れたグローリーヴェイズよりもここは斤量が軽いので。春に悔しい思いをしたリベンジを果たすとみます」

 ありがとう。

 「それだけですか?」

 なにかある?

 「凱旋門賞は?」

 そうだったね。そちらの本命もよろしく。日本馬を応援するの?

 「いえ。日本馬には頑張ってほしいですが、エネイブルには逆らえないかな、と。3連覇に一票を投じます」

 もりやさん、よろしくお願いいます。

 「私は当然、日本馬を応援します。凱旋門賞の本命はキセキ。前走でフランスの重賞(フォワ賞)を使った経験もいいと思いますし、なにより日本競馬の悲願をかなえるには奇跡が起こるべきです。それにふさわしい馬名です!」

 毎日王冠は?

 「今週は会社の人たちと東京競馬場の内馬場で毎日王冠を観戦するので、気合が入ってますよ~。私の毎日王冠の予想は…ダラララララララララ。◎はインディチャンプで、○はダノンキングリー、▲はマイネルファンロンです! このレースは比較的わたくし相性のいいレースなんです。だから競馬場へ見に行くことが多いんです。開幕週で馬場がいいので速い時計が出そうですが、やはり切れ味のある脚を使える馬が本命か、と。春の競馬でも席巻したステイゴールド産駒とディープインパクト産駒で勝負します」

 京都大賞典は?

 「はい。私の京都大賞典の予想は…ダラララララララララ。◎はシルヴァンシャーで、○はグローリーヴェイズ、▲はアドマイヤジャスタです。骨のある馬がそろいましたね。だからこそ、ここは上がり馬を狙います! 3連勝と勢いに乗っているように、4歳秋に本格化したとみます。その勢いのまま京都の坂を下って突っ込んできてほしいものです」

 続いて琢磨、よろしく。

 「京都大賞典の本命はウラヌスチャームにしました。このレースは2年連続で牝馬が連対。今年は紅一点なので、この馬を狙います」

 毎日王冠は?

 「モズアスコットです。予想だけは好調の居酒屋ブルースに乗っかって2匹目のモズを狙います」

 「予想だけは」にイヤミが入っているようだけど、まあいいか。凱旋門賞は?

 「1着エネイブル、2着マジカルは堅いでしょう。3連単の3着を絞って勝負します。次は居酒屋ブルースの番です。ところで、勝負レースは?」

 毎日王冠にしたよ。だけど、凱旋門賞と京都大賞典の予想も少々。

 凱旋門賞はカズマサと琢磨と同じくエネイブルには逆らえないと思っているよ。“キングジョージ”でのクリスタルオーシャンとの直線でのマッチレースの反動があるかと思っていたけど、レースを見返すと鞍上のデットーリは余裕だったし、続くヨークシャーオークスのレースを見ても反動は皆無とみた。史上初の3連覇達成を期待するよ。

 京都大賞典の本命もカズマサと同じエタリオウ。横山典弘騎手とは宝塚記念に続くコンビだけど、あの時と違うのは今は鞍上が絶好調なところ。馬も放牧を挟んでしっかり立て直してきたようだし、ここでは堅実な走りを見せてくれると思っているよ。

 勝負レースの毎日王冠はダノンキングリーが本命。これもカズマサとかぶったけど、同じ舞台だった共同通信杯での走りを見ると、この馬にしか◎をつけることはできないと思ってしまうほど、東京の芝1800メートルはこの馬にとってベストの舞台。「府中の千八展開いらず」という格言があるように、ここは強い馬が勝つ舞台といっていい。今回は10頭立ての少頭数なので、さらに紛れはないはず。神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリアと接戦を演じてきたこの馬が、絶好の舞台で2個目の重賞タイトルをゲットするはずだよ。

 最後に桃ちゃん、よろしく。

 「今週も当てますよ」

 先週のスプリンターズSで唯一のプラス収支だった桃ちゃんの予想に期待しているよ。まずは京都大賞典の本命を教えて。

 「ミルコ・デムーロさんのグローリーヴェイズに期待しています。人気になるのは当然。凱旋門賞に出走するフィエールマンと春の天皇賞でクビ差の大接戦を演じたんですから。手綱が戻ったミルコさんとのコンビでは【3・1・0・0】(左から1着・2着・3着・4着以下)と抜群にいいので、ここでもきっちり勝ってくれると思います」

 毎日王冠は?

 「こちらは昨年の覇者アエロリットが本命です。東京の舞台は【3・3・0・2】。安田記念2着からのローテーションは昨年と同じなので、同じ結果を期待します」

 最後に凱旋門賞の本命をよろしく。

 「日本馬を応援したいけど、やっぱりエネイブルが強いので…。それに同性の彼女の走りを見ていると勇気をもらえます。史上初の3連覇で有終の美を飾ってほしいですね」

 みんなの予想が出そろった。最後に居酒屋ブルースの京都大賞典&凱旋門賞の予想印と、勝負レースに指定した毎日王冠の予想印と買い目を載せて終わりにしよう。

 京都大賞典は、◎エタリオウ、◯グローリーヴェイズ、△ノーブルマーズ、シルヴァンシャー、ウラヌスチャーム、ダンビュライト。◎○の2頭軸の3連複を買ってみたい。

 凱旋門賞は、◎エネイブル、◯ソットサス、▲ジャパン、△ヴァルトガイスト、キセキ、ブラストワンピース、フィエールマン、マジカル。買うとしたらエネイブルの1着軸の馬券だが、ここは日本馬を応援しながら見るレースだと思っている。

 毎日王冠の印は以下の通り。

 ◎⑨ダノンキングリー
 ◯⑥ペルシアンナイト
 ▲②ギベオン
 △③アエロリット
 △④インディチャンプ
 △⑩モズアスコット
 馬券は久しぶりに(初めて?)馬単のみで勝負する!

《馬単》1着流し
 ⑨→②③④⑥⑩ 各2000円

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

主な登場人物

カズマサ…ひいきの居酒屋の店主。馬券はデータ派

琢磨…ひいきの居酒屋のスタッフ。好不調の波はあるが、馬券が当たると好調が続く

桃ちゃん…ひいきの居酒屋のアルバイト。馬券のセンスが抜群の競馬女子(UMAJO)。ちなみに、居酒屋ブルースのUMAJOは、酒場のあすピー→バイトのマヤ姉(ねえ)→桃ちゃんと変遷

もりやさん…ひいきの居酒屋の常連客。競馬とお酒が大好き

同じレースの予想