中央競馬:予想予想

2019.1.2 11:58

【2019年の隠しダマ】大阪サンスポ・佐藤将美

佐藤将美

佐藤将美【拡大】

【隠しダマ】

◎森田直行調教師(57歳、栗東所属)
 2014年3月に厩舎を開業して初年度は4勝。その後は15年8勝、16年8勝、17年22勝と勝利数を増やしてきて、今年も20勝ラインを突破した。成績の上昇に比例して入厩する馬の質もアップ。19年はさらなる活躍が期待できる。

 その原動力になりそうなのが“短距離トリオ”。スプリンターズS2着・ラブカンプー(牝4歳)、アイビスSD勝ちのダイメイプリンセス(牝6歳)、18年にオープン特別を2勝して暮れの阪神Cでも4着に健闘したダイメイフジ(牡5歳)で、師の期待は大きい。

 「あくまでも馬の様子と招待されるかがポイントだけど、ドバイ遠征も意識している。もちろん高松宮記念に3頭出ししても、どの馬も上位にくるだけの力はあると思うけど」。新しい年を迎えて夢は広がるばかりだ。

 また、2歳馬にも素質馬が多い。すでに馬名が登録されているダイメイティアラ(牝、父ロードカナロア、母レイナソフィア)、ダイメイフジの半妹(父アドマイヤムーン、母ダイメイダーク)などが厩舎を引っ張る存在になっていきそう。開業6年目の飛躍に期待しよう。

佐藤将美(さとう・まさみ) 大阪サンスポ編集 

季節

大穴

枠連

プロフィル

関西サンスポ記者。高知県出身。86年にデビューし、99年のJCウイークの馬券プレゼントで100万円近くをゲット“カリスマ”の称号を得た。

予想スタイル

栗東トレセンでは人気薄陣営をコソッと取材して、馬券につなげるのが基本パターン。不当に人気を落としている馬の発掘に生きがいを感じている。先輩から引きついだサンスポ競馬用語“そろそろのころ”“今度も”、“もう一丁”を今でも愛用中。

※佐藤将美の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります

同じレースの予想