中央競馬:予想予想

2018.10.6 11:44

【前走後の談話】日曜京都9R・りんどう賞

{"attribute":[{"baitai":"05","racedate":"20181007","racecourse":"08","raceno":"9","style":"00"}],"yosouka":104}

 ◇アカネサス「間隔があいていたし、大きな馬。馬場も緩くて大変だった。ジリジリ上がっていったけど、直線は伸びてくれなかった」(Mデムーロ騎手)

 ◇エスト「返し馬の感じや行きっぷりが良かった。まだ緩さが残っているなかでも、全体にバランスが取れているし、自分のリズムで走れたのも良かった。今日はいろいろとうまくかみ合った感じがする」(北村友騎手)

 ◇ファルトレク「追い切りに乗り、口向きの難しさを感じていた。できればストレスを与えないようなレースをしたいと思っていたが、反抗する面があった。能力はあるので、そのあたりが今後の課題」(北村友騎手)

 ◇ファンシャン「二の脚が速く、楽にハナへ行けた。自分のペースで行けたぶん、最後まで頑張ってくれた。中1週続きでもテンションはぎりぎり我慢できていた。距離は短いところが合っていると思う」(柴山雄騎手)

 ◇プールヴィル「前走はスペースがなくて、もったいないレースだった。今日は勝つことができてよかった。まだ余裕もあった」(Mデムーロ騎手)

 ◇ブリングイットオン「ゲートを出てくれたし、ハミを替えて扱いやすくなった。それに、展開も楽だった」(和田竜騎手)

 ◇リゲイン「今日はずっと外に逃げており、うまく運ぶことができなかった」(和田竜騎手)

 ◇ルチアーナミノル「道中で2度、ぶつけられた。経験を積めば良くなる」(浜中俊騎手)

 ◇ローゼンクリーガー「位置取りはスタート次第で、とジョッキーと打ち合わせをしていた。今回は(好位に)控える形をとったが、2回目としてはいいレースができたと思う。勝った馬は強かったが、うちの馬も今後を見据える意味でいい内容だった」(高橋亮師)

同じレースの予想