中央競馬:予想予想

2017.3.19 17:59

【藤沢の「この木、何の木、金成る木」】月曜中山10R《今週の無料予想はこれ!!》

{"attribute":[{"baitai":"01","racedate":"20170320","racecourse":"06","raceno":"10","style":"01"}],"yosouka":17}

 推奨するレースは韓国馬事会杯。昨年9月に韓国で初めての本格的な国際競走となる第1回コリアカップ、コリアスプリントがソウル競馬場で行われ、私は取材に行きました。

 競馬場は日本と大差ないほど、広くてきれい。施設も充実していて、家族連れでも楽しめるように、まるでテーマパークのようなつくりになっています。レース当日の盛り上がりも驚くほどでした。韓国競馬をよく知る藤井勘一郎騎手や宮下瞳騎手に聞いても、KRA(韓国馬事会杯)は競馬に対してかなりの情熱を注いでいるようで、これからさらに大きく発展することは間違いないでしょう。ソウル競馬場は地下鉄の駅から出てすぐに入り口があるので、アクセスもいいですし、韓国に旅行する機会があったらぜひ訪れてみてください。

 【中山10R・韓国馬事会杯】 年明けからの傾向だが、今の中山ダートは時計が速く、前が止まらない。日曜はダートで7レースが行われ、連対馬の4コーナー通過順は③⑦②①②④②②①②③①②①。10Rのオープン特別・千葉Sも良馬場で勝ちタイム1分9秒9と速かった。

 今の馬場を味方にできる⑨マイネルバサラが本命だ。

 前走は外枠(14番)から楽に好位につけると、持ったままの手応えで3コーナー手前で先頭に立ち、直線では独壇場。末脚勝負に徹したダンディーレイが1馬身3/4差まで迫るのが精いっぱいで、ゴール前では抑える余裕すらあった。

 昨年のオープン特別・鳳雛S(2着)で、続く交流GIジャパンダートダービーも勝つキョウエイギアとクビ差の接戦を演じたほどの実力馬。陣営も証言するように、ようやく本調子を取り戻した。

 前走のようにどこからでも動けるレースセンスと機動力があり、中山ダート1800メートルはベストの舞台。柴田大知騎手も「コーナー4つの中山が合っています」とコース適性に自信を見せている。

 実績や前走の勝ちっぷりから、昇級しても能力は全くヒケを取らない。今回は10頭立てと少頭数で、前走のように自分のリズムでレースを組み立てられそうだ。

《3連単》
 ⑨→⑥⑩→⑥⑩(2点) 各1500円
 ⑨→⑩→⑤⑦(2点) 各700円
 ⑨→⑥→⑤⑦(2点) 各500円
 ⑨→⑥⑩→①②③④⑧(10点) 各300円
 ⑨→⑤⑦→⑩(2点) 各300円
 ⑨→①②③④⑧→⑩(5点) 各200円

藤沢三毅(ふじさわ・みき) 東京サンスポ記者 

データ・血統

中穴

馬単・3連単

プロフィル

東京サンスポで内勤業務を担当し、2015年1月から現場記者に。今までに的中させた最高配当は2008年ゴールデンホイップTの3連単105万7640円。東京生まれの東京育ちだが、青春時代を過ごした幕張に愛着があり、ロッテファン。

予想スタイル

データやレース傾向を重視し、そこにコース適性、血統などを絡める。配当より的中数、回収率より的中率。とにかく当てることにこだわる。

同じレースの予想