中央競馬:予想予想

2015.9.11 16:02

【毎週復活! 万券総務】土曜中山11R《今週の無料予想はこれ!!》

{"attribute":[{"baitai":"01","racedate":"20150912","racecourse":"06","raceno":"11","style":"03"}],"yosouka":16}

 (お断り)諸般の事情により、一部カチンとくる表記がありますことをご了承ください。

    ◇

 いやあ、先週は完璧だった。土日連勝。しかも、日曜日(6日、新潟8R、3歳以上500万下)は渾身(こんしん)の推奨馬・レッドマジュールちゃんが逃げ→押し切りの完勝だ。

 このガチンコ収支バトルでは、1レースあたりの投資額上限が1万円なので、4番人気で6倍もついた単勝5000円分と馬連1000円分しか当たらなかった(払い戻し額は4万円超)が、実際には複勝(5000円分)や馬単など、もうちょっと買っていたので、もうちょっとだけもうけた。

 1人だけニヤニヤしているとバチが当たる。週明けには編集部のメンバーや手塚貴久厩舎担当のスタッフなど、レース本部内でマジュールを応援してくれている人たちに、ささやかな“お礼”もさせてもらった。いやあ、いい週末だった。

 そんなこんなでワタクシは上機嫌。鼻をピノキオのように伸ばして社内を練り歩いていたら、週中の水曜日に編集部でデスク業務をしているAさんに声をかけられた。

 「総務、先週はおめでとうございます。お見事でした。編集部でも何人か、もうけた人間が…。ところで、土日連勝ということなので秋競馬開幕となる今週末は(予想を)無料公開にさせていただこうと思いますので、この調子でよろしくお願いします」

 ドキッ。突然の指名に、つっかえ棒が必要なほど反っていた背中がちょっぴり丸まった。Aさん、口調は穏やかだが、仕事に関しては超きびしい。無料公開やチャンピオン予想など、当週のスペシャルコンテンツに指名された予想家は「最低、土日のどちらかは当ててもらわないと」が信条らしい。

 そこに上司も部下もない。あるのは、「当たるだろう」と予想家を指名した側(Aさん)と指名された側(今週であればワタクシ)のプライドのみ。しかも、秋競馬開幕週なので、どこかのんびりとした夏競馬とは事情も違ってくる。言葉にはしないが「総務、ここで指名された意味を考えてくださいね。秋競馬でサイトの勢いをつけるためにもお願いしますよ」というわけだ。

 今期(第3ステージ)の回収率は110%超と調子は悪くない。ここで払い戻し10万円クラスの当たりを出せば、一気にステージV争いに参戦できそうな位置にいる。そんなタイミングでの無料公開指名。自慢話ばかりツラツラと書いて外したらカッコ悪いので余計にやらねばなるまい。

 さて、どのレース、どの馬に命運を託すか。考えること48時間(睡眠時間を含む)。やはり、最近好調な「予想の根底」は変えずに攻めてみようと思う。

 【中山11R・紫苑ステークス】(3歳オープン、芝2000メートル、牝馬限定)。2着までに秋華賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。「3歳牝馬」とくれば…そう、マジュール物差しの登場だ。

 いい加減にしろ? 毎度毎度で申し訳ないとは思うが、今週は無料公開で、初めて読む方もいると思うので、まずは「マジュール物差し」の説明から。文頭でも触れたが、ワタクシが今年のイチ推しにしていて、事実、古馬&牡馬相手で休み明けの500万下を楽勝したレッドマジュールちゃんを破っている3歳牝馬は「同世代なら力上位」という簡単な横比較。この物差しを使った場合の勝率は8割を超えている。

 それに該当する1頭が◎⑩クインズミラーグロだ。ここ6戦で、3着→4着→1着→2着→2着→1着と抜群の安定感。前走(8月22日、村上特別、3歳以上500万下、新潟芝1600メートル)も出遅れて、ほぼ最後方からの競馬になったが、4コーナーで中団まで押し上げ、直線半ばからの追い出しでメンバー最速の上がり3ハロン34秒5をマーク。ミルコ・デムーロ騎手騎乗の先行馬に追いついた(1着同着)。

 このレースで人気になるだろうエバーシャルマンのように、末脚が切れるタイプではない。しかし、開幕週とはいえ、今週の中山ならミラーグロの出番はあると踏んでいる。ここで論拠の一要素になるのが、再び登場の「マジュール物差し」だ。

 実は牡馬&マジュールに勝った4走前(3月8日、3歳未勝利、中山芝1800メートル)。中団につけていたミラーグロは、雨が降りしきり、重に近いような稍重の馬場で真価を発揮した。中山の急坂で先頭集団5~6頭を上がり最速の35秒9でまとめて差し切った。

 長くいい脚を使えるタイプ。渋った馬場でより特性がいきる。ご存じの通り、9月に入って関東圏は連日の雨。特に週中は台風の影響で記録的な雨量を観測した。木曜日の夜にようやく止んだが、金曜日の1日だけでは馬場が完全に乾き切らない。レース当日は晴れていても、影響は残る。したがって、4走前の再現。前残り傾向の開幕週。それぞれが前掛かりになるがゆえ、最後に勝負を分けるのは切れる末脚ではなく、急坂にも対応できる「しつこい脚」だ。

 「暑い時期に2回使ったが、疲れもなくデキはさらに上向き。もともと素質は評価していた馬。この距離も守備範囲だと思う」と和田正道調教師。ミラーグロが頭なら、払い戻し10万円超もみえる。競馬も「点」ではなく「線」で考えるべし。“マジュールの流れ”で今週もいただく。

 ◎⑩クインズミラーグロ
 ○⑥エバーシャルマン
 ▲⑧レトロクラシック
 ☆②アースライズ
 △①ノットフォーマル
 △⑫テンダリーヴォイス
 △⑭ゴールデンハープ

《単勝》
 ⑩番 2000円

《馬連》
 ⑩-⑥⑧②①⑫⑭ 各500円

《3連複》1頭軸流し
 ⑩-⑥⑧②①⑫⑭(15点) 各100円

《3連単》
 ⑩→⑥⑧②①⑫⑭→⑥⑧②①⑫⑭(30点) 各100円

樋山純(ひやま・じゅん) サンケイスポーツ編集局総務 

直感

3連単

プロフィル

1963年生まれ。埼玉栄高~明治大学。天秤座、血液型A。2014年10月、編集総務に異動。それに伴いコラムタイトルも「万券本部長」から「万券総務」に変更された。ちなみに課長・島耕作ほど派手な出世ではない。「ガチンコ収支バトル」2013年第1ステージV。

予想スタイル

「最後まで一生懸命走る馬でなければお金をかける価値なし」で上がり3ハロン重視。そこに人生の理屈をこね足して中穴を狙う

同じレースの予想