中央競馬:POG中央競馬 POG - サンスポZBAT!競馬

2021.11.13 16:15

【デイリー杯2歳S】セリフォスが無傷の重賞連覇!

無傷の重賞連覇を飾ったセリフォス

無傷の重賞連覇を飾ったセリフォス【拡大】

 11月13日の阪神11R・第56回デイリー杯2歳S(GII、2歳オープン、芝・外1600メートル、7頭立て、1着賞金3800万円)は、藤岡佑介騎手の1番人気セリフォス(牡、栗東・中内田充正厩舎)が後方2番手から4コーナーで大外に持ち出すと一気に抜け出し、内から抜け出た2番人気の牝馬ソネットフレーズをクビ差競り落として重賞連覇を飾った。タイムは1分35秒1(良)。

 2着からさらに1馬身3/4差遅れた3着に最低人気のカワキタレブリーが続いた。

 ◆藤岡佑騎手(1着 セリフォス)「馬が強かったですね。道中は、リズムだけを考えていました。4コーナーでねじ伏せる形で動いてほしいという指示だったので、早めに動いていきましたが、脚がありすぎてオーバーランするかたちになってしまいました。上がりの競馬を後方から差し切っているので、能力は高いですね。かわされる感じはなかったです。非常に強い内容でした。まだ目いっぱいに仕上げていないので、(次が)楽しみです。一度、乗せてもらったので、次はもっとうまく乗ります。右回りも大丈夫です」

 ◆中内田師(同)「この時期ですし、一戦ごとに力をつけてくれていっています。結果を出してくれて、いいスピードがありますが、まだ緩さや幼さが残っているというのが楽しみですね。まだ完成度が高いわけじゃない。現状、1600メートルを使っているので、暮れも1600メートルにいきますが、どう成長するかによっては、距離を延ばす選択肢も入ってくると思います」

 セリフォスは、父ダイワメジャー、母シーフロント、母の父Le Havreという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績は3戦3勝。重賞はことしの新潟2歳S(GIII)に次いで2勝目。デイリー杯2歳Sは中内田充正調教師、藤岡佑介騎手ともに初勝利。

★13日阪神11R「デイリー杯2歳S」着順&払戻金はこちら

×