【愛知杯】ソフトフルートは上がり最速も道中の位置取り響き4着 岩田望「重賞を勝てる力ある」

2022.1.15 18:28

 1月15日の中京11Rで行われた第59回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、武豊騎手の7番人気ルビーカサブランカ(5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が直線ぽっかりと空いた内を突いて重賞初挑戦で初勝利を果たした。タイムは2分1秒0(良)。

 エリザベス女王杯4着のソフトフルートは、直線大外に持ち出して、メンバー上がり最速33秒9の末脚を繰り出したが4着。道中後方2、3番手の厳しい位置取りが大きく響いてしまった。

 ◆岩田望来騎手「ポジションが後ろになってしまい、外を選択しました。展開が向けば重賞を勝てる力があると思います」

★15日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

閉じる