【愛知杯】連覇を狙ったマジックキャッスルは9着 ルメール「次は違いますよ」

2022.1.15 18:27

 1月15日の中京11Rで行われた第59回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、武豊騎手の7番人気ルビーカサブランカ(5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が直線ぽっかりと空いた内を突いて重賞初挑戦で初勝利を果たした。タイムは2分1秒0(良)。

 連覇を狙ったマジックキャッスルは、後方からレースを展開し、直線勝負にかけるも伸びを欠いて9着に敗れた。

 ◆C・ルメール騎手「直線でスペースができず、アンラッキーでした。今回は休み明けだったし、次は違いますよ」

★15日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

閉じる