中央競馬:ニュース中央競馬

2022.1.11 16:40

【リレーコラム】大阪サンスポ~競馬記者の年始初体験by増本

愛知杯に出走予定のマリアエレーナ。叔父に5日に急死した2018年のダービー馬ワグネリアンがいる

愛知杯に出走予定のマリアエレーナ。叔父に5日に急死した2018年のダービー馬ワグネリアンがいる【拡大】

 競馬記者になって初めての年始でしたが、こんなにもしんどいものかと痛感しました。元旦から栗東に入り、東西両金杯を取材。それが終わると、すぐに3日間開催で週に4回も予想をして頭がパンク状態になりました。9日のシンザン記念では、大阪サンスポ最終面予想を年男ということで任されたものの◎カワキタレブリーが8着。その他のレースの予想もボロボロで財布の中は空っぽになってしまいました。今週末は中京競馬場へ出張もあるので、しっかりと当ててホクホク顔で帰路に就けるように予想したいと思います。

 11日の栗東トレセンは全休日でしたが、馬場入り申請をして追い切りをした馬が1頭だけいました。それは15日の愛知杯に出走するマリアエレーナ(栗東・吉田直弘厩舎、牝4歳)です。CWコースでラスト1ハロン11秒2(6ハロン89秒1)としまいはシャープな伸びを披露。見ていてほれぼれする動きでした。担当の西浦助手は「反応がいい子で、乗っていても気持ちがいい。左から右手前に替えるときのうまさがピカイチ。25年やってきてこんな馬初めてです」と絶賛していました。また叔父に5日に急死した2018年のダービー馬ワグネリアンがいる血統で、「勝ったら血のロマンだね」と語っていたのが印象的でした。これから他の出走馬も吟味しますが、週はじめの時点では重い印を打ちたいと思っています。

増本隆一朗(ますもと・りゅういちろう) 大阪サンスポ記者 

プロフィル

1998年大阪府生まれ。2020年大阪サンスポ整理部に配属され、21年6月からレース部。趣味はゴルフ。

予想スタイル

近走の実績や血統、取材で得た情報を軸に、穴馬に◎を打つ。予想は人気馬のあら捜しをするところから始める。

×