中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.18 14:36

【ひいらぎ賞】ソングライン半弟ティーガーデンがゴール前差し切る

中団追走からゴール前で競り合う2頭を交わし、未勝利からの連勝を飾ったティーガーデン

中団追走からゴール前で競り合う2頭を交わし、未勝利からの連勝を飾ったティーガーデン【拡大】

 12月18日の中山9R・ひいらぎ賞(2歳1勝クラス、芝1600メートル)は、横山武史騎手の3番人気ティーガーデン(牡、美浦・萩原清厩舎)が中団追走からゴール前で競り合う2頭を交わし、未勝利からの連勝を飾った。タイムは1分35秒1(稍重)。

 クビ差の2着にはロードカテドラル(4番人気)、さらにクビ差遅れた3着に逃げたアンクロワ(5番人気)が続いた。

 ティーガーデンは、父ドゥラメンテ、母ルミナスパレード、母の父シンボリクリスエスという血統。戦績は3戦2勝。半姉にことしの富士Sを制したソングライン(父キズナ)がいる。

★18日中山9R「ひいらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

関連

  • 中団追走からゴール前で競り合う2頭を交わし、未勝利からの連勝を飾ったティーガーデン
×