中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.11 15:05

【エリカ賞】サトノヘリオスが追い比べを制しレコード勝ち

ゴール前の追い比べを制してエリカ賞を制したサトノヘリオス

ゴール前の追い比べを制してエリカ賞を制したサトノヘリオス【拡大】

 12月11日の阪神9R・エリカ賞(2歳1勝クラス、芝2000メートル)は、岩田望来騎手の3番人気サトノヘリオス(牡、栗東・友道康夫厩舎)が道中は中団を追走し、直線に入って最内を突いて抜け出した4番人気のヴェールランスの外から差し脚を伸ばすと、ゴール前の追い比べをクビ差制して2勝目を挙げた。タイムは1分59秒7(良)の2歳コースレコード。

 2着馬からさらに2馬身遅れた3着に後方追走から直線で大外を追い上げたダノンブリザード(2番人気)が入った。なお1番人気の支持を集めたアートハウスは2番手を楽に追走したように見えたが、直線で伸びを欠き6着に敗れている。

 サトノヘリオスは、父エピファネイア、母エアマグダラ、母の父サンデーサイレンスという血統。戦績は3戦2勝。

 ◆岩田望騎手(1着 サトノヘリオス)「ペースが流れて乗りやすかったですね。前走も強い勝ち方でしたから、自信を持って乗れました。間を割っていく形で勝てました。タイムも速かったですね。これからの成長が楽しみです」 ※次走は未定

★11日阪神9R「エリカ賞」の着順&払戻金はこちら

×