中央競馬:ニュース中央競馬

2021.11.20 12:31

【2歳新馬・東京5R】シークルーズが2番手追走から直線抜け出す!

2番手追走から直線抜け出しデビュー勝ちを果たしたシークルーズ(撮影・奈良武)

2番手追走から直線抜け出しデビュー勝ちを果たしたシークルーズ(撮影・奈良武)【拡大】

 11月20日の東京5R(2歳新馬、芝1600メートル、牝馬限定)は、三浦皇成騎手の6番人気シークルーズ(栗東・杉山晴紀厩舎)が好スタートからタッカーシルバーを行かせて2番手追走。直線半ばで競り落として1着でゴールした。タイムは1分36秒7(良)。

 1馬身差の2着にはフィールシンパシー(11番人気)、さらに1馬身3/4遅れた3着にスタートで出遅れ後方から直線で追い上げたGI2勝のメジャーエンブレムを母に持つホーリーエンブレム(1番人気)が続いた。

 シークルーズは、父モーリス、母ベストクルーズ、母の父クロフネという血統。

 ◆三浦皇成騎手(1着 シークルーズ)「返し馬から乗りてに従順でしたし、道中のおさまり方、仕掛けての反応と優等生な競馬で勝ってくれました。まだ体が小さいので、上のクラスで揉まれてどうかですが、初戦としての内容は良かったです」

★20日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

×