中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.31 15:45

【天皇賞・秋】19年ぶり3歳馬V!エフフォーリアが中距離頂上決戦制す

19年ぶりとなる3歳馬による天皇賞・秋制覇を果たしたエフフォーリア(撮影・岡田亮二)

19年ぶりとなる3歳馬による天皇賞・秋制覇を果たしたエフフォーリア(撮影・岡田亮二)【拡大】

 10月31日の東京11Rで行われた「第164回天皇賞・秋」(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、横山武史騎手騎乗の3番人気エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が勝利。昨年の無敗3冠馬コントレイル、“3階級”制覇を狙った女王グランアレグリアと年上のGI馬を撃破。秋の中距離頂上決戦を制し、世代交代を告げるGI2勝目を挙げた。タイムは1分57秒9(良)。

 1馬身差の2着はコントレイル(1番人気)、さらにクビ差遅れた3着にはグランアレグリア(2番人気)が入った。

 エフフォーリアは、デビューから4連勝で皐月賞を制し、2冠制覇を目指したダービーでは、シャフリヤールとの競り合いの末、ハナ差の2着で初黒星。秋は菊花賞に向かわず、古馬との初対戦に挑んで、2002年のシンボリクリスエス以来19年ぶりとなる3歳馬優勝を果たした。

 騎乗した横山武史騎手は、先週の菊花賞(タイトルホルダー)に続く2週連続のGI制覇で、祖父・富雄元騎手(1969年優勝)、父・典弘騎手(2009年優勝)と史上初の親子3代での同レース制覇となった。

 ◆横山武史騎手(1着 エフフォーリア)「スタートがうまく器用な馬なので、僕は余計なことをしないで馬の力を信じて乗るだけでした。ダービーのこともあったので、人生で初めてうれし泣きしました。(レース史上初の父子3代制覇は)なかなかできることではありませんし、一つの小さな目標でしたが、達成できて良かったです」

 天皇賞・秋を勝ったエフフォーリアは、父エピファネイア、母ケイティーズハート、母の父ハーツクライという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は6戦5勝。重賞は今年の共同通信杯(GIII)、皐月賞(GI)に次いで3勝目。天皇賞・秋は管理する鹿戸雄一調教師、騎乗した横山武史騎手ともに初勝利。

★【天皇賞・秋】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 19年ぶりとなる3歳馬による天皇賞・秋制覇を果たしたエフフォーリア(撮影・岡田亮二)
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと、馬上でガッツポーズをする横山武史騎手(撮影・岡田亮二)
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと、馬上でガッツポーズする横山武史騎手(撮影・奈良武)
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと、馬上でガッツポーズする横山武史騎手(撮影・奈良武)
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと、馬上でガッツポーズする横山武史騎手(撮影・塩浦孝明)
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと、馬上でガッツポーズする横山武史騎手
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリアと鞍上の横山武史騎手
  • 天皇賞・秋を制したエフフォーリア
  • 天皇賞・秋で3着に敗れたグランアレグリア
  • グランアレグリアで、最後の天皇賞を3着で終えた藤沢和雄調教師(中)とルメール騎手
  • 天皇賞・秋で2着に敗れたコントレイル
×