中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.30 16:05

【アルテミスS】7番人気サークルオブライフが豪快差し切りV

M.デムーロ騎手騎乗の7番人気サークルオブライフが豪快に差し切りアルテミスSを制した(撮影・奈良武)

M.デムーロ騎手騎乗の7番人気サークルオブライフが豪快に差し切りアルテミスSを制した(撮影・奈良武)【拡大】

 10月30日の東京11Rで行われた第10回アルテミスステークス(2歳オープン、GIII、芝1600メートル、牝馬、別定、11頭立て、1着賞金=2900万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の7番人気サークルオブライフ(美浦・国枝栄厩舎)が中団後方で脚を溜めると直線で豪快に弾け、先に抜け出した2番人気ベルクレスタをゴール前でクビ差差し切り、重賞初勝利を飾った。タイムは1分34秒0(良)。

 2着からさらに3/4馬身差遅れた3着にシゲルイワイザケ(8番人気)が入線した。なお、1番人気に支持されたフォラブリューテは中団追走から直線で伸びきれず5着に敗れている。

 ◆M・デムーロ騎手(1着 サークルオブライフ)「直線の反応が鈍かったので焦りましたが、ラスト200メートルのところで脚が全然違ったので、勝つと思いました。未勝利戦ですごくいい勝ち方をして、新馬からどんどん強くなっているので、これからが楽しみです。本当に期待しています」

 アルテミスSを勝ったサークルオブライフは、父エピファネイア、母シーブリーズライフ、母の父アドマイヤジャパンという血統。北海道新ひだか町・千代田牧場の生産馬で、馬主は飯田正剛氏。通算成績は3戦2勝。重賞は初勝利。アルテミスSは、国枝栄調教師、M・デムーロ騎手ともに初勝利。

★【アルテミスS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 豪快な差し切りでアルテミスSを制した7番人気サークルオブライフ
  • 豪快な差し切りでアルテミスSを制した7番人気サークルオブライフ
  • 豪快な差し切りでアルテミスSを制した7番人気サークルオブライフ
  • アルテミスSでクビ差の2着だったベルクレスタ
  • アルテミスSで3着に敗れたシゲルイワイザケ
  • アルテミスSで5着に敗れた1番人気のフォラブリューテ
×