中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.21 10:25

松岡正海騎手が22日から調教騎乗を再開 11月6日東京での実戦復帰を目指す

21日、今年初めて美浦トレセンに姿を見せた松岡正海騎手

21日、今年初めて美浦トレセンに姿を見せた松岡正海騎手【拡大】

 昨年12月13日の香港カップ(ウインブライト2着)を最後に戦列を離れていた松岡正海騎手(37)=美浦・フリー=が21日、今年初めて美浦トレセンに姿を見せた。昨年2月の落馬負傷で骨折した左大腿骨の患部を今年に入ってから計3回手術し、「だいぶ良くなってきたのでそろそろ(復帰して)いいかなと。(体を)慣らしながらやっていきたいですね」と話した。22日から調教への騎乗を再開し、順調にいけば11月6日の東京競馬での復帰を目指す。

 昨年から2度の長期休養を余儀なくされたが、「18年間頑張ってきたぶん、オフをもらったと思って私生活で今までできなかったことをやってきました。心身ともフレッシュな状態です」とすがすがしい表情。休養中にはこれまで取り組んでこなかった上半身の筋力トレーニングにも励んできた。これまで以上にパワーアップした姿でターフに帰ってくる。