中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.14 12:14

【秋華賞】ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)byウマニティ

好ムードのソダシが単独A評価!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は秋華賞・調教予想(水曜版) をお届けします!

日曜日に行われる秋華賞の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アカイトリノムスメ【B】
美浦南W併走。最後まで低い姿勢を保ち、落ち着いて走れていた。やや力感を欠くことや、前肢の出が少し硬く映る点は気になるも、背中はきちんと使えており、前後のバランスはとれている。オークス以来の実戦とすれば、及第点の仕上がり具合ではないか。

アナザーリリック【B】
美浦南W併走。直線を向いて手前を右に替えてからの動きは地味だったが、左手前だったコーナーでの前肢を効果的に使った力強い脚どり、柔らかい身のこなしは目を引くものがあった。左手前の強い走りをみるに、右回り・阪神へのコース替わりがプラスに働く可能性もある。軽くは扱えない1頭だ。

アンドヴァラナウト【B】
栗東坂路単走。頭の位置が高く映るものの、それはいつものこと。手前を替えた際に見せる口向きの悪さもマシなほう。厳しく言えば、前回の最終追い時より完歩が小さいような気もするが、そもそもピッチ走法の馬。割り引くほどでもなさそう。好調キープと判断したい。

アールドヴィーヴル【B】
栗東坂路単走。リズム重視の調整ながら、この馬としてはピリピリすることもなく、ゆったりと走れている。一見すると地味だが、余力がまったく感じられず、四肢のさばきに硬さが目立ったオークスの最終追い時よりは楽に動けている印象。この馬なりに順調だろう。

エイシンヒテン【B】
栗東CW単走。全体時計を抑えた内容だが、それは前回も同様。やや口元が敏感で行きたがるところは変わらないものの、制御はしっかり利いているし、促されてからの反応も悪くない。ローズSの最終追い時に見られた、前肢の硬さが薄れつつあるのも評価できる。侮れない存在と言えよう。

エンスージアズム【C】
栗東CW単走。活気があって脚元の動きも悪くないのだが、首の可動域が狭く推進力がうまく前に伝わっていないように映る。追われてからも頭を上げるなど、しまいにかけての伸びは今一歩。本来はもう少し柔らかく首を使える馬。本調子には足りないように思える。

クールキャット【B】
美浦南W併走。折り合い重視の内容もあってか、力みがちの走り。そのため、推進力を上に逃す完歩も時折見られたが、解放されると首と四肢を大きく使った豪快なフォームで僚馬を突き放した。動き自体は悪くないので、あとは実戦で気持ちの高ぶりをコントロールできるかどうか。それが焦点となろう。

サルファーコスモス【C】
栗東CW単走。ハミ受けが浅く、首の動きも硬い。そのせいもあってか加速するまでに時間を要している印象。鞍上の仕掛けに対する反応も薄く、G1へ挑むにしてはモチベーションが不足しているように映る。上位争いに割って入るには、展開など何らかの恩恵がないと厳しいかもしれない。

ステラリア【C】
栗東CW併走。鞍上が手綱を絞っていたことも影響しているのかもしれないが、前肢の出が窮屈に映るのは気になるところ。ピッチ走法ながらも、いい頃はもう少し柔らかく四肢を使えていた馬。先着した点は認めても、評価を上げるには躊躇してしまう。

スライリー【B】
美浦南W単走。最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。やや前進気勢が過ぎるような気もするが、そもそも抑えて味があるタイプではない。フットワークに硬さはなく、体も上手に使えている。稽古映えする馬なので過度の評価はできないものの、雰囲気は決して悪くない。

スルーセブンシーズ【B】
美浦南W単走。気負い気味ながらも、前肢を大きく使って力強く進む姿は見映えがする。直線半ばで手前を右から左に戻す場面もあったが、右回りの阪神に臨むことを思えば、深刻に捉える必要はないだろう。調子は良さそうなので、あとは本番までテンションを維持できるかどうか。当日の気配を注視したい1頭だ。

ソダシ【A】
栗東坂路併走。微調整程度の内容ながら、ブレの少ない好フォームで駆け上がり、1ハロンごとに0秒5→1秒2→1秒1とラップを縮めてきた。鞍上が意図せずとも、適度なところで自ら手前を替えるし、速い上がりも出る。身のこなしも柔らかく、ほぼ態勢は整った印象。いい雰囲気で本番に臨めそうだ。

タガノパッション【B】
栗東CW単走。直線に入ってから、手前の変換に少し時間を要した点は割引も、この馬とすれば落ち着いて走れているほうだし、追われてからもキレの良い動きを見せていた。半マイルからとはいえ、走破ラップも合格点の水準。少なくとも、前回のデキを下回るということはない。

ファインルージュ【B】
美浦南W併走。追い出す際の反応が薄く映るが、そもそも瞬時にグンと加速するタイプではなく、この馬とすれば平常運転の域。3頭併せの真ん中で両サイドから圧を受けながらも、集中を欠くことなく脚勢を維持していた点は評価できる。まずまずの仕上がりだろう。

ホウオウイクセル【B】
美浦坂路併走。コーナーを回る際に逆手前となる場面もあったが、全体的に見ればキビキビと動けている印象。馬体の維持に苦労した2走前、ならびに休養明けで手探り状態だった前走の中間に比べると、気配は明らかに上向いている。現状の力を出せる態勢とみたい。

ミスフィガロ【C】
栗東P単走。セーブ気味の調整だが、脚運びは軽く制御もそれなりに利いている。その反面、こぢんまりとした走りで躍動感という面では今ひとつ。前回から良い意味で変わったところはうかがえず、前進を見込めるかどうかについては疑問。積極的には手が出ない。

ユーバーレーベン【B】
美浦南W併走。直線に入ってから僚馬の前に出たあと、手前の切り替えに若干手間取り差を詰められるも、鞍上に軽く気合をつけられると再び加速。手ごたえ、体勢ともに優位の形でゴールした。派手さはないが、脚どりはしっかりしており、背中の安定性も高い。それなりに帳尻を合わせてきた印象を持つ。

【調教予想からの注目馬】
ソダシ

(提供元:競馬予想のウマニティ