中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.14 04:41

【古馬次走報】アリストテレスはジャパンCを視野

京都大賞典で2着に敗れたアリストテレス

京都大賞典で2着に敗れたアリストテレス【拡大】

 ★毎日王冠8着ヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)は15日に検疫厩舎に移動。米GIBCマイル(11月6日、デルマー、芝1600メートル)への参戦は慎重に検討する。

 ★栗東・音無厩舎の動向は以下の通り。京都大賞典2着アリストテレス(牡4)は放牧を挟んでジャパンC(11月28日、東京、GI、芝2400メートル)を視野に。9着ダンビュライト(セン7)はみやこS(11月7日、阪神、GIII、ダ1800メートル)へ。南部杯7着サンライズノヴァ(牡7)はJBCスプリント(11月3日、金沢、交流GI、ダ1400メートル)。東京盃7着サイクロトロン(牡4)は、大阪スポーツ杯(23日、阪神、OP、ダ1200メートル)に駒を進める。

 ★栗東・須貝厩舎の動向は以下の通り。府中牝馬Sに登録しているブランノワール(牝5)は今週の信越Sへ。戎橋Sを制してOP入りしたリレーションシップ(牡4)は、スワンS(30日、阪神、GII、芝1400メートル)に挑戦する。白山大賞典3着スワーヴアラミス(牡6)はみやこSへ。

 ★南部杯2着ヒロシゲゴールド(栗・北出、牡6)はJBCスプリントに登録。3着ソリストサンダー(栗・高柳大、牡6)は武蔵野S(11月13日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。4着インティ(栗・野中、牡7)はチャンピオンズC(12月5日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。

 ★マイラーズC13着ルフトシュトローム(美・堀、牡4)はスワンS参戦を検討。

 ★レディスプレリュード2着テオレーマ(栗・石坂、牝5)はJBCレディスクラシック(11月3日、金沢、交流GI、ダ1500メートル)へ。

 ★昨年の阪神C9着後は休養しているフィアーノロマーノ(栗・高野、牡7)はスワンSで復帰する。僚馬で小倉記念6着ファルコニア(牡4)はカシオペアS(31日、阪神、L、芝1800メートル)に向かう。

 ★帝王賞7着オーヴェルニュ(栗・西村、牡5)は和田竜騎手でみやこSに参戦する。

 ★京都大賞典7着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡6)は福島記念(11月14日、福島、GIII、芝2000メートル)を視野。

 ★スプリンターズS9着ミッキーブリランテ(栗・矢作、牡5)は京阪杯(11月28日、阪神、GIII、芝1200メートル)や阪神C(12月25日、阪神、GII、芝1400メートル)を視野に入れる。10着ラヴィングアンサー(栗・石坂、牡7)は京阪杯へ。

 ★ポートアイランドS4着ガゼボ(栗・石坂、牡6)はスワンS。

 ★グリーンチャンネルC3着デュードヴァン(美・加藤征、牡4)は、霜月S(11月21日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。7着スマッシャー(栗・吉岡、牡3)は武蔵野S。10着バティスティーニ(栗・池添学、牡8)はオータムリーフS(31日、阪神、OP、ダ1400メートル)を視野。

 ★札幌日経OP7着ジェットモーション(栗・藤岡、セン5)はアルゼンチン共和国杯(11月7日、東京、GII、芝2500メートル)かアンドロメダS(11月20日、阪神、L、芝2000メートル)を見据える。

 ★夕刊フジ杯オパールS7着ヒロイックアゲン(美・加藤和、牝7)、16着ダイメイフジ(栗・森田、牡7)はルミエールオータムダッシュ(31日、新潟、L、芝1000メートル)に向かう。

 ★ラジオ日本賞2着ホウオウトゥルース(美・高木、セン5)は福島民友C(11月21日、福島、L、ダ1700メートル)へ。

 ★毎日王冠4着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン7)、エプソムC18着後に戦列を離れていたニシノデイジー(美・高木、牡5)は武蔵野Sへ。

 ★六社S勝ちのコトブキテティス(美・田島俊、牝4)はエリザベス女王杯(11月14日、阪神、GI、芝2200メートル)、福島記念などが視野に。