中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.9 14:46

【りんどう賞】5番人気ダークペイジが番手抜け出しで無傷2連勝

番手抜け出しでりんどう賞を制し、無傷2連勝としたダークペイジ

番手抜け出しでりんどう賞を制し、無傷2連勝としたダークペイジ【拡大】

 10月9日の阪神9R・りんどう賞(2歳1勝クラス、芝1400メートル、牝馬限定)は、浜中俊騎手騎乗の5番人気ダークペイジ(栗東・吉村圭司厩舎)が道中2番手を追走し、直線で逃げるポメランチェを競り落とすと、最後は外から強襲した6番人気のエクロールをクビ差振り切り、デビュー2連勝とした。タイムは1分21秒3(良)。

 2着馬からさらに3/4馬身差遅れた3着には先団からしぶとく伸びたアキバ(7番人気)が続き、1番人気に推されたラキエータは5着に敗れた。

 ダークペイジは、父Dark Angel、母グレイトペイジ、母の父Roderic O’Connorという血統で。通算成績は2戦2勝。

 ◆浜中俊騎手(1着 ダークペイジ)「初戦と同様に好位で我慢できました。初戦よりも気持ち、行きたがりましたが、抑えの利く範囲でしたし、改めてセンスを感じました」

 ◆吉村調教師(1着 ダークペイジ)「中間もテンションが上がっていなかったので、1400メートルは大丈夫だと思っていました。マイルまではもってほしいですね。次走は様子をみて決めたいと思います」

★9日阪神9R「りんどう賞」の着順&払戻金はこちら