【ローズS】パッションしまい重点、鮫島師Vに自信

2021.9.15 10:20

 タガノパッションはスイートピーS優勝→オークスで4着と、実績は最上位だ。栗東CWコースでしまい重点。向正面で行きたがる素振りや口向きの悪さをのぞかせたが、ラストは岩田康騎手の右ステッキに応えてしっかり脚を伸ばした。

 「CWコースでは早めにスイッチが入る。レースはフワッと乗ってくれれば。春はハードなローテだったけど、放牧を挟んで半回りは大きくなったし、じっくり調整できた。万全のデキで叩いて、本番へ。最高のパフォーマンスを期待している」と、鮫島調教師はVに自信を見せていた。(夕刊フジ)

★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる