中央競馬:ニュース中央競馬

2021.7.31 13:35

【2歳新馬・函館5R】1番人気ソリッドグロウが7馬身差つけてV

7馬身差の圧勝でデビュー戦を飾ったソリッドグロウ

7馬身差の圧勝でデビュー戦を飾ったソリッドグロウ【拡大】

 7月31日の函館5R(2歳新馬、芝1200メートル)は、横山武史騎手騎乗の1番人気ソリッドグロウ(牝、美浦・池上昌和厩舎)が人気を分けた2番人気のグランパドゥシャとのスピード対決を制してデビュー勝ちを収めた。タイムは1分09秒8(良)。

 7馬身差の2着にはグランパドゥシャ、さらに1馬身3/4差遅れた3着にカミゴエ(4番人気)が続いた。

 ソリッドグロウは、父ダイワメジャー、母ムーングロウ、母の父ネイエフという血統。

 ◆横山武史騎手(1着 ソリッドグロウ)「番手でいいかと思いましたが、気が良くてスピードの違いでああいう(逃げる)形になりました。出していったわけではないので、次の折り合いも大丈夫だと思います。駐立がよくないところがあったので、その点が次走で課題になると思います」

★31日函館5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら