中央競馬:ニュース中央競馬

2021.6.27 13:28

【2歳新馬・阪神5R】1番人気レッドベルアームが人気に応えて快勝

人気に応えて新馬勝ちを果たしたレッドベルアーム(撮影・安部光翁)

人気に応えて新馬勝ちを果たしたレッドベルアーム(撮影・安部光翁)【拡大】

 6月27日の阪神5R(2歳新馬、芝・外1800メートル)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気レッドベルアーム(牡、栗東・藤原英昭厩舎)がインの3番手から直線に入ると前の2頭をきっちりと捕らえて快勝した。タイムは1分47秒9(良)。

 半馬身差の2着にはアランヴェリテ(5番人気)、さらにクビ差遅れた3着にショウナンナダル(6番人気)が続いた。

 レッドベルアームは、父ハーツクライ、母レッドファンタジア、母の父アンブライドルズソングという血統で、2019&20年のGII・デイリー杯2歳S勝ちしたレッドベルジュール(父ディープインパクト)、レッドベルオーブ(父ディープインパクト)の半弟にあたる。

 ◆福永祐一騎手(1着 レッドベルアーム)「きょうだいで一番いい。最後は苦しくなったが、いい練習で、いい勝ち方ができました」

 ◆藤原英昭調教師(同)「(父がハーツクライで)成長はゆっくり。それでも勝ち切るというのは、血統的なバックボーンと、馬そのものの能力が大きいんじゃないか」

★27日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら