中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.30 15:52

【日本ダービー】底知れない強さ発揮!シャフリヤールが世代の頂点に立つ エフフォーリア無敗の2冠制覇ならず2着

日本ダービーを制し世代の頂点に立ったシャフリヤール(奥の黄帽)

日本ダービーを制し世代の頂点に立ったシャフリヤール(奥の黄帽)【拡大】

 5月30日の東京11Rで行われた第88回日本ダービー(3歳オープン、牡・牝、GI、芝2400メートル、定量、17頭立て、1着賞金=2億円)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気シャフリヤール(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が勝利。毎日杯での驚異的なレコード勝ちに続き、底知れない強さを発揮。東京競馬場で開催される5週連続GIの第4戦“競馬の祭典”を制し、2018年に生まれたサラブレッドたち7398頭の頂点に立った。タイムは2分22秒5(良)のレースレコード。

 ハナ差の2着にはエフフォーリア(1番人気)、さらに1馬身1/4遅れた3着にステラヴェローチェ(9番人気)が入った。なお、紅一点サトノレイナスは5着に敗れた。

 シャフリヤールは2017年の皐月賞馬アルアインの弟。兄はダービーでは5着に敗れたが、兄の果たせなかったダービー制覇を遂げた。騎乗した福永騎手は史上3人目の連覇達成で、歴代最多勝の武豊騎手(5勝)に次ぐ単独2位のダービー3勝目となった。

 ◆福永祐一騎手(1着 シャフリヤール)「最高にうれしいです。藤原厩舎とは高松宮記念を勝っていますが、みんなで目標にしてきた日本ダービーを勝てて最高にうれしいです。タイトで厳しい展開で、周りを見ながらの騎乗でしたが、決してスムーズな騎乗ではなかった。馬の力に助けられました。追い出しをギリギリまで待たざるをえない状況になったが、最後に素晴らしい脚を使ってくれた。かわしたかどうかは分からなかった。どのタイミングでゴールが来ているのかという着差。引き揚げてくるまで分からなかった。ワグネリアンで初めてダービーを勝った経験が大きな自信になって、それがあったからその後の2回も勝つことができたと思う。シャフリヤールはデビューした時から、この馬でダービーを目標に一緒に歩んでいきたいと思った馬だし、勝ててうれしい。お客さんの入場を制限した中ではありますが、今年はファンの皆さんにダービーを(生で)見てもらえて良かったです」

 日本ダービーを勝ったシャフリヤールは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、母の父Essence of Dubaiという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は4戦3勝。重賞は今年の毎日杯(GIII)に次いで2勝目。日本ダービーは管理する藤原英昭調教師は10年エイシンフラッシュに次いで2勝目、騎乗した福永祐一騎手は18年ワグネリアン、20年コントレイルに次いで3勝目。

★【日本ダービー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • レースレコードで日本ダービーを制したシャフリヤール(黄帽)
  • 日本ダービーを制し世代の頂点に立ったシャフリヤール(黄帽)
  • エフフォーリアとの接戦を制したシャフリヤール(黄帽)
  • 日本ダービーを制したシャフリヤールと笑顔の福永祐一騎手
  • 日本ダービーをシャフリヤールで制した鞍上の福永騎手は着順が確定するとガッツポーズを見せた
  • 引き揚げてくるシャフリヤールと福永祐一騎手
  • 引き揚げてきたシャフリヤールと福永祐一騎手
  • 日本ダービーを制したシャフリヤール
  • 日本ダービーを制したシャフリヤール
  • 日本ダービーを制したシャフリヤール
  • 日本ダービーを制したシャフリヤール
  • 日本ダービーを制したシャフリヤール
  • 日本ダービーで2着に敗れたエフフォーリア
  • 日本ダービーで3着に敗れたステラヴェローチェ
  • 日本ダービーで4着に敗れたグレートマジシャン
  • 日本ダービーで5着に敗れたサトノレイナス
  • 勝ちタイム2分22秒5はレースレコードを更新した
  • サンデーレーシングの吉田俊介代表
  • 2年ぶりに有観客で行われた日本ダービー