中央競馬:ニュース中央競馬

2021.5.12 10:32

【ヴィクトリアM】ルメール太鼓判!アレグリア12秒7

グランアレグリア

グランアレグリア【拡大】

 大阪杯4着からの巻き返しを狙う昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアは、ルメール騎手を背に美浦Wコースへ。先行したレッドサイオンの内に入れると、馬なりのまま6F82秒1、3F37秒9-12秒7で併入した。

 「最初は我慢していたけど、3~4コーナーから自分から行き出して、元気ですね。すごくいい追い切りでした」と、満足の笑みを見せるルメール。前走の敗因は「距離は大丈夫だし、(悪い)馬場でもフットワークは良かった。でもその両方のコンビネーションが悪かった」と説明し、「今回は1600メートルなのでいい結果が出せると思う」と自信の表情だった。(夕刊フジ)

★ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載